ラリーノPro

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ラリーノPro

ラリーノPro

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


ラリーノPro

 

 

ラリーノProは、神田育種農場の人気品種、

「ラリーノシリーズ」の1つです。

ラリーノシリーズはどれもミニキュウリで、

病気に強く育てやすいのが人気の秘密です。

減農薬栽培もできるので、家庭菜園はもちろんのこと、

直売所向けなど営利目的の栽培にもおすすめの品種です。

 

 

 

 

■ラリーノProの特徴

 

・ラリーノとの比較
ラリーノProは、ラリーノを元に品種改良した品種です。

側枝の発生が多いので、

ラリーノよりも株間が必要でスペースを使いますが、

主枝と側枝に着果させれば、ラリーノよりも多く収穫することができます。

 

また、ラリーノと比べやや早く収穫時期を迎えます。

果実はラリーノよりもやや長く細い果実になります。

 

果実の色やキュウリの味、

うどんこ病やべと病への耐病性はほとんど変わりません。

 

・果実
収穫適期サイズは約10センチ、

果実の重さは1本あたり40~50グラムほどです。

 

曲がり果などの奇形果も少なく、

綺麗に揃ったミニキュウリを収穫できます。

青臭さの少ない美味しいキュウリです。

 

また、ブルームレスキュウリといってイボのないキュウリなので、

日持ちしやすいのも魅力です。

 

 

 

 

■ラリーノProの栽培のコツ

 

・株間は約60センチほど取ります。
ラリーノProの場合は、もう少し広めに取ると安心です。

 

・完全節なり性+房なり性なので、

雌花が1節にたくさんつき、急激に大きくなります。

 

ミニキュウリの生長はとても早いので、

収穫が遅れないように気を付けてください。

 

・節間は短く、雄花にはほぼ着生が見られません。

 

・病気に強い品種です。
病害が多発している場所での栽培や減農薬栽培に適した品種です。
連作障害にさえ気を付ければ、自根栽培もできます。

 

・収穫がおわりに差し掛かる頃、

ラリーノProに少しイボが出ることがありますが、

味には影響はありませんので安心してください。

 

・茎葉、果実ともに非常にコンパクトに育つ品種なので、

プランター栽培やコンテナ栽培もおすすめです。

 

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ栽培 キュウリ 水やり 肥料 受粉 植え付け時期 うどんこ病 キュウリ 地植え 育て方 育て方 実がならない 枯れる 家庭菜園 炭そ病 育てる つる割病 発芽しない 楽しみ 用土 収穫 選び方 花が咲かない つる枯病 おいしい 連作 キュウリ苗 道具 モザイク病
ランキング
AX