ラリーノホワイト

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ラリーノホワイト

ラリーノホワイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

スポンサードリンク


ラリーノホワイト

 

 

ラリーノホワイトは、
イボなしミニキュウリ「ラリーノ」の白キュウリタイプです。

 

株式会社 神田育種農場のラリーノシリーズは、
緑色のラリーノ、ラリーノよりややスマートなラリーノPro、
そして、こちらで紹介するホワイトキュウリのラリーノホワイトがあります。

 

どのラリーノもうどんこ病、べと病などの病気に強く、
家庭菜園、直売所向けの栽培、プロの方にも人気があるミニキュウリです。

ラリーノホワイトの特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

[ラリーノホワイト]

 

 

■ラリーノホワイトの特徴

 

・ミニサイズの可愛いキュウリ
果実の長さは約9~10センチで、

果実の重さは約40グラムほどが収穫適期です。

手のひらに乗るくらいの小さなサイズで収穫できるので、
小さなお子様のいる家庭にも人気があります。

 

収穫から食べるまで、お子様と楽しみながら栽培ができます。

 

・イボがなく味の良いキュウリ
キュウリ独特の青臭さがなく、みずみずしいおいしいキュウリです。
ほのかに甘みがあり、果揃いも良いので、サラダ、お漬物など、
いろいろな調理に使えます。

 

茎葉が果実に触れにくいため、葉や茎などが当たって果実が傷むことも少なく、
とても綺麗なミニキュウリが収穫できます。

 

 

■ラリーノホワイトの栽培のコツ

 

・株間を広めにとる
ラリーノと比べて側枝が発生しやすいので、株間は60センチ以上とります。
ベランダなどでのプランター栽培もできます。

 

・キュウリネットでの栽培がおすすめ
主枝、側枝ともに着果し、収穫期が長く、ラリーノよりも収量の高い品種です。
低温でのつるの伸びも良く、節間が短いので、
定植から収穫までの日数が少ないのも魅力です。

 

・吊り下げ栽培も可能
長期的に栽培を考えるのであれば、親づるのみを伸ばす、吊り下げ栽培もできます。

 

・他のラリーノとの同時収穫について
ラリーノ、ラリーノProよりも数日早く収穫することができるので、
他のラリーノシリーズと同時に収穫したい場合は、
ラリーノホワイトのみ、1週間~10日ほど早く定植させると良いです。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ モザイク病 花が咲かない キュウリ栽培 つる割病 用土 育てる 育て方 水やり 家庭菜園 おいしい 連作 枯れる 楽しみ 植え付け時期 道具 キュウリ 地植え 育て方 つる枯病 収穫 肥料 実がならない うどんこ病 キュウリ苗 発芽しない 選び方 受粉 炭そ病
ランキング
AX