キュウリ 育て方

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 

福富

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


福富

 

 

福富(ふくとみ)は、株式会社埼玉原種育成会のキュウリです。

 

この品種は、うどんこ病とべと病、キュウリが最もかかりやすい、

2つの病気に対して高い耐病性を発揮する多収性のキュウリです。

 

高温期の栽培でも、葉焼け、芯焼けの発生も非常に少なく、
栽培期間中、安定した収量を確保できる品種として、人気です。

 

 

■福富の特徴

 

・茎
主枝は太く、節間は中くらいです。
側枝の発生が良く、孫枝も確実に発生します。

 

・葉
大きさは中程度ですが、鮮やかなグリーンでしっかりした葉です。
やや角のある葉で、日光も浴びやすい生え方をします。

 

・草姿と草勢
しっかりとした株に育つので、夏の暑い日にも強く、
芯焼けや葉焼けといったトラブルになりにくい品種です。

 

・果実
福富は、1つの果実が約100グラムほどまで育ちます。
長さは、21~22センチと平均サイズで、収穫初期や終わりでも、
短くなりにくく、安定した収穫をすることができます。

 

果実の形も、整っていて、収穫期間を通して揃いが良く、

出荷用としてもおすすめの品種です。

 

鮮やかなグリーンで、ツヤもあり、果実の表面もとてもきれいで、
食味、食感にも優れた品種です。

 

・食べ方
主に生食に適しています。
一般的なキュウリと比べて、あまりゴツゴツとした印象はなく、
皮が薄いので、とても食べやすく、シャキッとした食感が味わえます。

 

・収量
生育初期から、たくさんのキュウリが収穫できます。
肥大性も良く、収穫終わりまで安定した収穫が得られるので、
多収性品種という名前に間違いはありません。

 

・耐病性
うどんこ病とべと病に高い耐病性をもった品種です。
しかし、現在はさらに病気に強い品種もたくさん出てきているので、
特別病気に強いという品種ではありません。

 

しかし、キュウリがかかりやすいうどんこ病とべと病、
この2つの病気に耐病性をもっているので、安心して栽培できます。

 

 

キュウリの美味しさを活かして調理します

 

 

■福富の栽培のコツ

 

・種まきの適期
3月~6月頃が種まきの適期です。

 

・適作型
トンネル栽培、夏秋栽培、ネットハウス栽培、雨除け栽培など、
多くの作型に適していて、とても栽培しやすいです。

 

・雌花率
主枝の雌花率は、30~40パーセントほどです。
側枝以降は、近~節成りで、各節に1~2つの果実がなります。

 

・台木
おすすめの台木は、ゆうゆう一輝黒タイプ、オールスター一輝、
ブルーム台木・ウルトラ南瓜・ウルトラD南瓜です。

 

福富を育成した、埼玉原種育成会から出ている台木なので、
安心して栽培することができます。

 

・仕立て方
側枝の発生が良いので、1本仕立てがおすすめです。

 

・整枝
下位7~8節の主枝の雌花と5節くらいまでの側枝は早めにとります。
側枝(子づる)の摘芯は、下段1節止めか、中段2節止め、
上段1~2節止めが理想です。

 

主枝は、約160センチほどの草丈になるまで伸ばし、
孫づるに関しては、半放任で栽培できます。

 

・摘葉
1日に、1~2枚を限度とし、摘葉して株の安定化を図ります。
古い葉を摘葉することで、新葉も充実してきます。

 

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方

ミニキュート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


ミニキュート

 

 

ミニキュートは、山陽種苗株式会社のミニキュウリです。

 

商標登録済の自信作とも言えるミニキュウリで、
シャキシャキとした歯応えの良さと、使いやすいサイズ感がポイントです。

ミニキュートの特徴と栽培のコツをご紹介します。

ズバリ163

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


ズバリ163

 

 

ズバリ163(ズバリ イチロクサン)は、株式会社ときわ研究所という、
キュウリの種苗を専門に育成している会社の品種です。

 

キュウリを専門にして育成している会社だけあって、品種数は多く、
それぞれの特徴も異なります。

ズバリ163の特徴と栽培のコツをご紹介します。

夏王みどり二号胡瓜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


夏王みどり二号胡瓜

 

 

夏王みどり二号胡瓜は、山陽種苗株式会社の品種です。

 

このキュウリは、”夏王”という名前の通り、
高温期、7月~8月の夏の栽培に適しているキュウリです。

 

しかし、いくら夏野菜とは言え、日本の異常な暑さは、
キュウリにも、辛い時期となります。
どのように育てたら、夏王みどり二号が上手に育てられるでしょうか?

時無みどり胡瓜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


時無みどり胡瓜

 

 

時無みどり胡瓜は、山陽種苗株式会社のキュウリです。

 

この品種は、夏秋栽培に適したキュウリなので、
7月頭の種まきでも、充分に露地で栽培が可能な品種です。

 

夏秋性の強い品種のため、促成栽培には適しませんが、
高温期に強く、とても育てやすいです。

時無みどり胡瓜について、さらに詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

■時無みどり胡瓜の特徴

 

・果実
果実の長さは、約20~21センチで、重さは、約100グラムです。
果実の長さだけ見れば、平均的なキュウリよりも、
少し短く感じるかも知れません。

 

白イボ系と呼ばれるキュウリなので、イボは小さくて少なく、
目立ちにくいです。

 

鮮やかなグリーンのカラーとツヤがあり、果実自体がとてもきれいで、
秀品率の高いキュウリがたくさん収穫できます。
高温期でも色、ツヤ、味の良いキュウリがとれます。

 

・草姿
茎は太く、節間は短く、しっかりと丈夫な株に育ちます。
肥料をしっかりと効かせて管理しましょう。

 

・美味しさ
皮は口に残りにくく、苦味や青臭さの少ない品種です。
お漬物各種、サラダ、なんでもよく合います。

 

最近、我が家では生食の他、キュウリの加熱調理にも、
チャレンジしています。

 

中華料理では頻繁に炒め物の具材になるキュウリですが、
日本ではあまり馴染みがありません。

 

しかし、良い歯応えが残り、炒めても凄く美味しいんです。
是非、チャレンジしてみてくださいね。

 

 

もろきゅうもおいしいです

 

 

■時無みどり胡瓜の栽培のコツ

 

・適作型
露地栽培とハウス抑制栽培に適しています。
促成栽培には適していないので、気を付けてください。

 

・種まきの適期
中間地の露地栽培では、4月下旬頃~7月上旬頃まで、
種まきできます。

 

ハウス抑制栽培では、7月下旬~8月上旬が適期です。

 

・ハウス抑制栽培の注意点
低温に弱いので、最低11度以上を保ち、
日中は、30度以内になるように調節します。

 

・肥料切れに注意する
時無みどり胡瓜は多収性なので、カリ分は多めにして、
収穫期に肥料が切れないよう、充分に与えてください。

 

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
うどんこ病 キュウリ 地植え 育て方 つる枯病 家庭菜園 植え付け時期 つる割病 実がならない 育てる 育て方 炭そ病 キュウリ 道具 モザイク病 キュウリ栽培 受粉 枯れる 連作 おいしい 用土 水やり 発芽しない キュウリ苗 収穫 花が咲かない 楽しみ 肥料 選び方
ランキング