キュウリ 冷や汁

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 料理・レシピ » キュウリたっぷり冷や汁

キュウリたっぷり冷や汁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク



キュウリたっぷりの冷や汁は、ボリュームがあり、

サラサラとたくさん食べられます。

 

 

■キュウリたっぷり冷や汁

 

 

日本の夏は、高温多湿で、じっとしているだけでも汗が流れて体力を奪われます。

 

温暖化の影響やヒートアイランド現象などにより、

日が暮れても気温が下がらず、体にこもった熱も抜けにくいことがあります。

 

そんな時に恋しくなるのが、冷たい食べ物です。

 

冷たい食べ物ばかり食べていると、夏バテを助長することもあるとは分かっていても、
やはり熱々の料理を食べる気になれないのも事実です。

 

冷たい料理といえば、素麺や冷やし中華などがありますが、

ご飯を使った料理にも、冷たいものがあります。

 

それが冷や汁です。

 

簡単に言えば、冷たい味噌汁をご飯にかけたものですが、

ただ単に冷えた味噌汁とはわけが違います。

 

本来なら、焼いたアジの身を使いますが、

今回は簡単に水煮のツナを使ったレシピをご紹介します。

 

●材料

キュウリ……2本
ミョウガ……2個~3個
豆腐……150g

 

ツナ(水煮)……1缶
炒りゴマ……大さじ3
味噌……大さじ3

 

水……400cc
ご飯……お茶碗軽く2杯分

 

●作り方


1.ボウルなどに味噌と炒りゴマを入れ、そこにツナを汁ごと入れてよく混ぜます。

 

耐熱容器にオーブンペーパーを敷き、そこに味噌をのせて広げ、

トースターで表面に焼き色がつくまで焼きます。

 

 


2.キュウリは洗ってヘタを取り除き、

薄い輪切りにして、塩(分量外)をふって揉んでおきます。

 

ミョウガは洗って軸の先を少し切り、輪切りにします。

豆腐は小さめの一口大にちぎっておきます。

 

 


3.トースターで焼いた味噌を大きめの器に入れ、水を少しずつ加えながら味噌をとかします。

味噌がとけたら、ミョウガと豆腐を入れ、絞ったキュウリも加えてざっと混ぜます。

 

器にご飯を入れ、冷や汁をかけたら出来上がりです。

 

●ポイント

味噌の表面をトースターで焼くことで、独特の香ばしさが出るので、

この工程はできるだけ飛ばさないようにしてください。

 

キュウリやミョウガの他に、シソやネギなどを加えるのもお勧めです。

 

味噌を水でとくので、冷たい水を使えばそれなりに冷たくなりますが、

キンキンに冷えた冷や汁が食べたい場合は、氷を入れてください。

 

その場合は、少し濃いめに味噌をとくのがポイントです。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
炭そ病 実がならない 育てる キュウリ苗 発芽しない 植え付け時期 モザイク病 選び方 キュウリ栽培 受粉 収穫 枯れる 家庭菜園 うどんこ病 水やり 連作 花が咲かない つる枯病 肥料 キュウリ 地植え 育て方 育て方 楽しみ 用土 つる割病 キュウリ 道具 おいしい
ランキング