キュウリ 育て方

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 病害虫 生理障害 » 

キュウリ 尻細り果(先細り果)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

スポンサードリンク


キュウリが尻細り果(先細り果)

 

 

キュウリは、夏野菜の中でも収穫開始が早めで、
スタートダッシュができる野菜です。

 

初めての雌花を見ると嬉しくなり、実が長くなってくると、
いつ収穫かとワクワクします。

 

ところが、いざ収穫しようと実を見てみると、
普通とは違った状態になっていることがあるのです。

 

キュウリが尻細り果(先細り果)となるのは、なぜなのでしょうか。

キュウリ 曲がり果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

スポンサードリンク


キュウリ 曲がり果

 

 

キュウリは比較的育てやすく、家庭菜園でも人気があります。

 

うまく育てれば、1株でも意外とたくさんの実を収穫できますし、
生育ピーク時には、毎日実がとれることもあります。

 

そんなキュウリですが、実が収穫できるものの、
なぜか曲がってしまうという経験はありませんか?

 

キュウリの実は曲がっていても食べられますが、
できればまっすぐきれいな状態のものを収穫したいものです。

 

曲がった実は曲がり果と呼ばれますが、キュウリの曲がり果はなぜ起こるのでしょうか。

キュウリ リン酸過剰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


キュウリを栽培する時、色々な成分が必要になります。
基本となるのは、チッソ・リン酸・カリの3つです。

 

どれかが不足しても、うまく育ちません。
反対に、どれかが多すぎても、何らかの不調が起こる場合があります。

 

キュウリの栽培中、リン酸が多い状態が続くと、
リン酸過剰という生理障害が起こる可能性が高くなります。

 

キュウリがリン酸過剰になると、どのような症状が出るのでしょうか。

キュウリ 尻太り果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

スポンサードリンク


キュウリを育てていると、まっすぐでキレイな実がとれることもあれば、
少し曲がった実が収穫できることもあります

 

 

多少形が悪くても、家庭で消費する分には特に問題ありませんし、
何より収穫できることの方が、嬉しいものです。

 

ところが、形が少し悪いというには、あまりにも形がおかしい実が育つことがあります。

 

ヘタに近い部分は細く、お尻の近くがやたらと太ったような形の実を、
尻太り果(先太り果)と呼びます。

 

キュウリに尻太り果が発生するのは、なぜなのでしょうか。

キュウリ 亜鉛過剰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


キュウリ栽培では、色々な肥料要素が欠かせません。
どれかが欠けると、欠乏症状が出てうまく育ちません。

 

足りないよりは多すぎる方が良いかというと、そうでもありません。
特定の要素が多すぎる状態になると、今度は過剰症状が出るようになります。

 

中でも亜鉛過剰になると、キュウリにはどのような症状が出るのでしょうか。

1 2 3 6
管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ 育てる 実がならない つる枯病 連作 花が咲かない つる割病 肥料 モザイク病 受粉 発芽しない 道具 キュウリ苗 おいしい うどんこ病 用土 炭そ病 キュウリ 地植え 育て方 楽しみ 選び方 水やり キュウリ栽培 家庭菜園 枯れる 収穫 植え付け時期 育て方
ランキング