キュウリ えのき 梅和え

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 料理・レシピ » キュウリとえのきの梅和え

キュウリとえのきの梅和え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク



キュウリとえのきの梅和え、さっぱりしていていくらでも食べられます

 

 

■キュウリとえのきの梅和え

 

キュウリと梅肉は相性が良く、昔からよく食べられてきました。

 

キュウリのさっぱりとした風味とシャキシャキの食感に、

梅肉の酸味と塩味が加わって、さらにさっぱりとした後口になります。

 

キュウリは、そのままではご飯とあまり合わないように感じますが、

梅肉と合わせれば、白いご飯もすすむおかずになります。

 

今回は、キュウリとえのきを梅肉で和えた一品です。
エノキを使うことで、キノコが持つ旨みがプラスされ、さらにおいしくなります。

 

また、エノキのぬめりによってのど越しが良くなり、するすると食べられます。

 

特に暑い日は、冷たいキュウリとエノキの食感とのど越しが気持ちよく、

食欲がなくても食べられます。

 

●材料

キュウリ……1本
エノキ……1パック(150g~200g)
梅干し……1個~2個

 

鰹節……2g~3g
薄口醤油……大さじ1

 

炒りゴマ……大さじ1/2

 

●作り方


1.キュウリはヘタを切り落とし、縞目に皮を剥きます。
さっと洗って水気をふき取り、3cm~4cmくらいの千切りにします。

 

エノキは石づき部分を切り落とし、キュウリと同じくらいの長さに切り分けます。
石づきに近い部分は、小房に分けておきます。

 

梅干しの周りの果肉をそぎ落とし、包丁で細かく刻みます。

 

 


2.耐熱容器に切ったエノキを入れ、ラップをかけて600wのレンジに2分かけます。

 

エノキをレンジにかけている間に、

ボウルに梅肉・鰹節・薄口醤油・炒りゴマを入れ、よく混ぜます。

 

エノキに火が通ったら、ボウルに加えて和えます。

 

 


3.梅肉とエノキがよく混ざったら、キュウリもそこに加えて混ぜます。

粗熱がとれたら冷蔵庫に入れ、冷やしてから器に盛り付けて出来上がりです。

 

●ポイント

梅干しの数は、梅干しのサイズや塩分量によって、お好みで加減してください。

 

作ってすぐは、キュウリがピンと張った状態ですが、

粗熱が取れる頃にはしんなりします。

 

時々混ぜつつ冷やすことで、味にムラが出ません。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
水やり 育て方 キュウリ栽培 用土 連作 楽しみ 収穫 炭そ病 枯れる おいしい モザイク病 植え付け時期 実がならない 発芽しない キュウリ苗 うどんこ病 キュウリ 育てる 家庭菜園 肥料 つる割病 花が咲かない 道具 つる枯病 選び方 キュウリ 地植え 育て方 受粉
ランキング