聖秋(せいしゅう)

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 聖秋

聖秋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


聖秋

 

 

聖秋(せいしゅう)は、株式会社久留米種苗園芸のキュウリの品種です。

 

この品種はうどんこ病と褐斑病にとくに強い”超耐病性”をもったキュウリで、
スタミナが長く続き、生育終盤になっても元気いっぱいです。

 

収量もその分あげられるので、プロの農家の方にはありがたい品種です。
出荷に適したキュウリをお探しの方におすすめです。

 

 

[聖秋]

 

 

■聖秋の特徴

 

・果実
果実の長さは約22~23センチです。
果実がなるまでのスピードも速く、早生種に分類されます。

 

気温の変化に強い品種でもありますので、生育初期の低温や、
生育中盤の高温期でも色ツヤが良く、質の良いキュウリがとれます。

 

・草姿
やや丸みのある葉は一般的なキュウリの葉と比べて小さいです。

草勢は安定しているものの強さは中くらいなので、全体的に見て、
スッキリとした印象になります。

 

しかし、株そのものはガッチリとしていてスタミナがあり、
省力化しやすい品種です。

 

子枝は徒長しにくく、確実に発生します。
孫枝も同じで、孫枝にいたっては放任して伸ばすことができます。

 

・収量性
果実の太りが良く、低温期でも連続して着果し、多収が見込めます。

 

・耐病性
超耐病性だといわれるように、褐斑病とうどんこ病にとくに強い品種です。
べと病にもそれなりに耐病性をもっているので、薬剤散布量をへらせます。

 

 

■聖秋の栽培のコツ

 

・適作型
雨除け栽培、抑制栽培、半促成栽培に適した品種です。

 

・定植後の注意点
定植後はスムーズに活着させることがポイントなので、活着して、
しっかり勢いがつくまでは、やや水やりを多くします。

 

・通風性や採光性
本葉が14~15枚ほどになったら、下葉を3~4枚早めに摘み取り、
通風性や採光性を良くするように心がけます。

 

・肥培管理の注意点
果実の肥大が早い品種なので、肥料切れにならないように注意します。

 

スタミナがあり、長期にわたっての収穫になるので、
こまめに積極的な追肥を行ってください。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
連作 収穫 水やり 植え付け時期 うどんこ病 花が咲かない 用土 つる枯病 つる割病 枯れる モザイク病 楽しみ キュウリ 地植え 育て方 受粉 肥料 キュウリ栽培 家庭菜園 選び方 炭そ病 発芽しない キュウリ苗 キュウリ 道具 育て方 おいしい 実がならない 育てる
ランキング