白きゅうり ぷちパリ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 白きゅうり ぷちパリ

白きゅうり ぷちパリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


白きゅうり ぷちパリ

 

 

白きゅうり ぷちパリは、藤田種子株式会社の白いキュウリの品種です。

 

白いキュウリといっても、色合いは薄い緑色をしているのですが、
キュウリ=濃い緑色をイメージするので、やはり、非常に珍しく感じます。

 

また、食味も普通のキュウリとは少し違っているのが特徴です。
白きゅうり ぷちパリは、いったいどんな味がするキュウリなのでしょうか?

 

 

[白きゅうり ぷちパリ]

 

 

■白きゅうり ぷちパリの特徴

 

・果実
果実は、約10センチほどの長さと日本のキュウリの半分程度ですが、
その分太さがあり、日本のキュウリよりも1~2まわり太い果実になります。

 

皮はちょっとゴツゴツとしていて、ウリやゴーヤに近いような印象です。

 

果実の色はクリームがかったような薄い緑色をしています。
切った後の果実の色合いも薄く、さわやかで涼しげな果実です。

 

・食味
調理用途としては、普通のキュウリと全く変わりません。
サラダにしたり、ピクルスにしたりと、生食で食べられることが多いです。

 

気になる白きゅうり ぷちパリの食味ですが、味そのものは非常にマイルドで、
クセがなく、お子さまでも食べやすい味です。

 

青々としたキュウリの独特の風味は少ないので、
キュウリが苦手な方でも食べられると思います。

 

果実は普通のキュウリと比べて硬さがあり、シャキッとした歯切れの良さというよりは、
カリカリと食べられるような食感が楽しめます。

 

少し変わったキュウリを自宅で栽培したいという方におすすめです。

 

 

サラダ感覚の漬け物

 

 

■白きゅうり ぷちパリの栽培のコツ

 

・種まきの適期
種まきの適期は、3月~6月頃で、普通のキュウリ栽培と変わりません。

 

・栽培方法と難易度
珍しい品種ではありますが、栽培難易度は低く、
初心者の方でも簡単に栽培することができる品種です。

 

一般的な日本のキュウリよりコンパクトに育ち、良く実るので、
手間もかからず、ベランダ菜園などにも適しています。

 

・入手方法
藤田種子株式会社のホームページにて、
1袋(約15粒)432円(税込)で販売しています。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ 受粉 育て方 連作 炭そ病 選び方 モザイク病 おいしい うどんこ病 植え付け時期 収穫 キュウリ栽培 つる割病 育てる 道具 実がならない 楽しみ キュウリ苗 肥料 用土 花が咲かない 水やり キュウリ 地植え 育て方 発芽しない 家庭菜園 枯れる つる枯病
ランキング