姫きゅうり

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 姫きゅうり

姫きゅうり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


姫きゅうり

 

 

姫きゅうりは、”とちぎ小江戸ブランド”に指定されているキュウリの品種です。

 

栃木県では、まるでキュウリのお姫様のようといわれている、姫きゅうりですが、
栃木県内でも栽培はそれほど多くなく、希少品目とされています。

 

可愛らしい姫きゅうりとは、どんなキュウリなのでしょうか?

あわせて、栽培のコツをご紹介します。

 

 

[姫きゅうり]

 

 

■姫きゅうりの特徴

 

・栃木県栃木市の農産物
栃木県のとちぎ小江戸ブランドに指定されている農産物ですが、
栃木県内でも生産されている箇所は限られています。

 

栽培されているのは、栃木市のみで、栃木市を代表する農産物の1つです。

 

・果実
姫きゅうりという名前は、通常のキュウリと比べて小さいことに由来します。

 

一般的なキュウリは、長さが、20センチを超えるものが主流となっていますが、
姫きゅうりの長さは、約14~15センチです。

 

・味
皮がやわらかいので、生食はもちろんのこと、浅漬けに適しています。
キュウリらしい風味も強く、濃厚なキュウリが楽しめます。

 

 

 

 

■姫きゅうりの栽培のコツ

 

姫きゅうりは、ハウス栽培にすれば、年間を通しての生産が可能です。
ハウス栽培向けの品種ということもあり、種苗の購入はなかなか難しいです。

 

・姫きゅうりの購入方法
JAの出荷場にて検査し、市場に出荷されているキュウリです。
地元直売所での販売があるので、栃木市に行けば、購入は確実です。

 

販売価格は時価ですが、だいたい1パックが200グラムほどあり、
150~200円くらいの価格で購入できます。

 

また、年間通して栽培しているキュウリの品種なので、通年販売されています。

 

・姫きゅうりに代わるミニキュウリ

姫キュウリのような可愛らしいミニキュウリと栽培したいという方には、
サカタのタネから出ている、「リル」や「サラ」などの品種がおすすめです。

 

とくにミニキュウリ、リルはプランターやコンテナでの栽培も可能なので、
家庭菜園でも、楽しみながら、手軽にミニキュウリの栽培を開始することができます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
つる割病 育てる キュウリ 地植え 育て方 用土 育て方 花が咲かない 選び方 キュウリ苗 実がならない 水やり キュウリ 収穫 発芽しない 枯れる 肥料 家庭菜園 植え付け時期 つる枯病 炭そ病 うどんこ病 モザイク病 おいしい 道具 連作 キュウリ栽培 楽しみ 受粉
ランキング