勇翔

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 勇翔

勇翔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


勇翔

 

 

勇翔は、株式会社埼玉原種育成会のハウス栽培用のキュウリの品種です。
2018年の9月に発表されたばかりのまだ、新しいキュウリです。

 

うどんこ病と褐斑病、べと病に強い品種として注目されています。

勇翔の特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

[勇翔]

 

 

■勇翔の特徴

 

・勇翔
勇翔は、「ゆうしょう」と読む、OS交配のキュウリの品種で、
S-21Aという名称がついています。

 

・草姿、草勢
側枝の発生が確実で、孫枝以降はやや短い節間の枝がゆっくり発生して、
果実の肥大がスムーズかつ草姿もスッキリとした印象になります。

 

・果実
果実の色は鮮やかなツヤのある緑色です。
100グラムあたり、約21センチくらいのサイズが収穫適期の大きさです。

 

首元からお尻まで形の良いものがとれるというのも魅力です。
ヤケ果の発生も短く、秀品率が高いです。

 

・耐病性
うどんこ病と褐斑病、それぞれに強い性質をもっています。

 

また、この2つほどではありませんが、べと病にも強く、
病気が心配な方にもおすすめです。

 

 

勇翔 C)埼玉原種育成会

 

 

■勇翔の栽培のコツ

 

・適作型
ハウス栽培向けにつくられた品種です。
7月~翌年3月まきです。

 

摘芯栽培、つる下ろし栽培に向いています。

 

・雌花率
主枝の着果率は、7~9月の定植で、約40~50パーセント、
10~3月の定植で、70~80パーセントです。

 

・栽培の注意点
栽培方法は、一般的なハウスのキュウリ栽培方法と同じです。
徒長させずに、旺盛に生育できるように肥培管理を行います。

 

とくに果実の肥大が早く、初期から安定して多収なので、
追肥をしっかりと行い、肥料切れにならないように注意します。

 

また、すぐに大きくなってしまうのでとり遅れのリスクが高まります。
定期的に観察を行い、適期を逃さないようにしましょう。

 

・台木選び
ブルームレス台木は、OS交配ゆうゆう一輝(黒タイプ)、
オールスター一輝、FGY、RK-3に適しています。

 

プルーム台木の場合は、ウルトラ9B南瓜、クロダネBLACK21に適しています。

夏秋抑制越冬栽培の場合は、ウルトラ9b南瓜、
春作、早熟栽培の場合は、クロダネBLACK21がおすすめです。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
水やり 肥料 植え付け時期 花が咲かない 楽しみ 実がならない キュウリ栽培 用土 連作 育て方 枯れる モザイク病 キュウリ おいしい キュウリ苗 育てる 発芽しない 受粉 収穫 つる枯病 家庭菜園 うどんこ病 つる割病 キュウリ 地植え 育て方 炭そ病 選び方 道具
ランキング