ディソール

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ディソール

ディソール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


ディソール

 

 

ディソールは、株式会社ときわ研究所のキュウリの品種です。

 

ハウス栽培用のキュウリとして人気の高い品種で、
ときわ研究所のHPにも、おすすめ品種としてトップページに掲載されています。

 

ときわ研究所は、キュウリの育成を専門としている会社なので、
品種数も非常に多いですが、その中でもディソールをおすすめするのには、
何かわけがあるのでしょう。

 

ディソールの人気の秘密や特徴・栽培のコツをまとめました。

 

 

■ディソールの特徴

 

・果実
果実のサイズは、約22センチほどです。

 

果実の色は、他の品種と比べてみると大差が出るほど緑色が濃く、
ツヤのある果実がキラキラと光って、とても美しいです。

肩こけも少なく、秀品率が高いので、出荷にも適しています。

 

・収量性
果実が大きくなるのが早いので、早い段階から多収が見込めます。
低温に強く、順調に果実が肥大するために必要となる気温は、
約12~13度です。

 

・草姿
枝の発生が良く、主枝・側枝ともに安定して伸びます。

 

葉の大きさは、中位よりもやや小さめで、受光性が高く、
管理作業が容易です。
作業性に優れているところは、ディソールの大きな魅力の1つです。

 

・耐病性
褐斑病やうどんこ病に耐病性をもっています。
また、べと病の発生も少なく、病気に強い品種だと言えます。

 

これにより、出来るだけ薬剤の散布を抑えることができるのも、
作業性が良い品種だと言われる所以です。

 

 

緑鮮やかなので、ちょっとしたつまみも美しく美味です

 

 

■ディソールの栽培のコツ

 

・雌花の着生率
主枝の雌花率は、9月の種まきで、20~40パーセントほどで、
11月以降の種まきでは、60~70パーセントとなります。

 

側枝は連続着果となり、各節1つの果実をつけます。

 

・水やりと追肥
生育がとても良いので、水切れ、肥料切れには充分注意してください。

 

・仕立て方
つる下げ栽培に最適です。
また、一般的な2~3本仕立てにも適応しています。

 

・栽培の注意点
果実の肥大が早いので、早いうちから草勢を確保します。
そのため、主枝は、ベッドより40センチ以上高くしてから着果させます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
つる割病 キュウリ キュウリ 地植え 育て方 炭そ病 モザイク病 楽しみ つる枯病 花が咲かない 連作 うどんこ病 育てる 用土 水やり 受粉 植え付け時期 収穫 キュウリ栽培 枯れる 育て方 発芽しない キュウリ苗 おいしい 実がならない 選び方 肥料 道具 家庭菜園
ランキング