コレクト

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » コレクト

コレクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


コレクト

 

 

コレクトは、褐斑病とうどんこ病に耐病性をもったハウス栽培専用の品種で、
キュウリの育成を専門に行っている、株式会社 ときわ研究場のキュウリです。

 

このキュウリは、ときわ研究場の中でも”おすすめ品種”としてピックアップされているので、
とても育てやすく、果実の安定性もばっちりです。

 

 

[コレクト]

 

 

■コレクトの特徴

 

・果実
果実の大きさは、約21~22センチほどとなります。

 

株が元気なときは1日で急に大きく育つので、とり遅れがないように、
出来るだけ大きくなりすぎないように収穫します。

 

果実の色もとても鮮やかで、肩こけの少ない秀品率の高い品種です。
コレクトは販売にも適しているので、プロの農家の方にも親しまれています。

 

・草姿
草勢は中くらいで、子枝も孫枝もしっかりと発生するので、
全体的な株姿が非常に丈夫になります。

 

葉は濃い緑色で大きさは中くらい、太陽の光を浴びやすい草姿となるので、
管理作業も行いやすく、一度に多くの株を管理する場合にも適しています。

 

・収量性
果実が太くなるスピードが非常に速いため、はじめから多収が見込めます。
果実がなりはじめると、次々に毎日収穫できるようになります。

 

高温条件下においても元気よく果実が太るので、樹ボケだったり、
尻細果だったりの発生が少なく、良い果実がたくさんとれます。

 

・耐病性
コレクトは、褐斑病とうどんこ病に強い耐病性をもった品種です。
また、べと病にも比較的強いので、耐病性品種といっても過言ではありません。

 

これによって、普通の品種よりも薬剤の散布を軽減することができます。

 

栽培後期までしっかりと元気な株を保てる他、減農薬で栽培された、
美味しいキュウリを収穫することにもつながります。

 

 

■コレクトの栽培のコツ

 

・適作型
ハウス栽培に適した品種です。

 

・種まきの適期
種まきの適期は、3月~8月頃で無加温で栽培することができます。

 

・定植
元気の良い苗のみを植え付け、出来るだけスピーディーな活着を目指します。

 

そのためにもまずは、畑に充分な潅水を行い、植え付けた後の株元にも、
しっかりと水分を与えます。

 

・活着後の管理
高温条件下での栽培になるので、水切れにならないように注意し、
場合によっては、朝、昼、晩と1日2回の潅水を行います。

 

こうすることで、芯焼けなどの高温障害も予防することができます。

 

・摘心
一番果の着果は地面から約40センチほどを目安にして、
側枝も同様に発生させるようにします。

 

側枝は基本的に1節止めにします。
孫枝も同様で、収穫後の下節位2~3本の枝は摘み取ります。

 

・摘葉
キュウリの葉は意外と大きいので、積極的に行いたいところですが、
混み合った部分を少しずつ摘葉するくらいがちょうど良いです。

 

一度に多くの葉を失ってしまうと、生育に影響することもあります。

 

・栽培後期の注意点
収穫も終盤に近付いたら、気温の低下に注意して保温をしながら、
栽培を続けます。

 

収穫量にあわせて追肥を行うことも忘れないようにしましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
道具 育てる 受粉 炭そ病 選び方 キュウリ苗 モザイク病 楽しみ 水やり つる枯病 発芽しない うどんこ病 植え付け時期 実がならない おいしい 連作 キュウリ栽培 枯れる 収穫 肥料 キュウリ 地植え 育て方 つる割病 花が咲かない 育て方 用土 家庭菜園 キュウリ
ランキング