キュウリ1号

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » キュウリ1号

キュウリ1号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


キュウリ1号

 

 

キュウリ1号は、タキイ種苗株式会社 タキイ交配のキュウリの品種です。

 

タキイ交配からは何種類ものキュウリの品種が出ていますが、
このキュウリは、”キュウリ1号”という名にピッタリなオーソドックスな品種です。

 

減農薬栽培も可能となるほど、病気に強く、育てやすいキュウリ1号。
いったい、どのような品種なのでしょうか?

 

 

[キュウリ1号]

 

 

■キュウリ1号の特徴

 

・耐病性
うどんこ病、べと病、ウィルス病(ZYMV:ズッキーニ黄斑モザイクウィルス)に強く、
減農薬栽培も可能な品種です。

 

家庭菜園では、安心・安全な野菜を栽培するという目的をもってる方も多く、
そういった方にはとくにおすすめの品種です。

 

・草勢、草姿
草勢は中程度、しっかりとした側枝がじっくりと発生します。
立ち性で、葉も小さいので、整枝や摘芯といった作業はとても容易です。

 

・果実
果実の大きさは、一般的なキュウリと変わらない21~22センチです。
まっすぐに育ち、食味も形も良いキュウリが収穫できます。

 

・入手方法
タキイ種苗株式会社から出ているタキイ交配の種苗は、
キュウリに関わらず、ホームセンターなどで、手軽に入手できる点が魅力です。

 

しかし、キュウリ1号は、タキイネット通販の限定商品となっているので、
インターネット通販でしか手に入れることはできません。

 

1袋15粒入りで、626円(税込)です。

 

 

まっすぐに育ちやすく、美味なキュウリが収穫できます

 

 

■キュウリ1号の栽培のコツ

 

・栽培方法
一般的なキュウリ栽培に準じます。

 

・冷涼地での栽培スケジュール
冷涼地での露地栽培では、6月下旬頃、種まきを行い、
7月中旬過ぎに植えつけ、8月後半~10月いっぱいまで収穫できます。

 

・中間地での栽培スケジュール
中間地では、6月下旬~7月頭頃が種まきの適期です。
7月下旬に植えつけ、8月下旬~10月いっぱいまで収穫できます。

 

・暖地での栽培スケジュール
暖地では、梅雨も明ける7月中旬頃に種まきを行い、
8月の連休前に植えつけ、9月中旬~11月後半まで収穫できます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
楽しみ 受粉 つる割病 実がならない キュウリ栽培 肥料 育て方 キュウリ 炭そ病 おいしい 育てる うどんこ病 道具 用土 モザイク病 キュウリ苗 花が咲かない 発芽しない 選び方 つる枯病 連作 キュウリ 地植え 育て方 枯れる 水やり 家庭菜園 収穫 植え付け時期
ランキング