キュウリ カリウム過剰

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » キュウリ カリウム過剰

キュウリ カリウム過剰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


キュウリを健全に育てるためには、肥料は欠かせません。
けれど、必要以上の肥料を与えることも、不調の原因になることがあるのです。

 

中でも、カリウムが多すぎる状態をカリウム過剰といいます。
キュウリを栽培中にカリウム過剰になると、どうなるのでしょうか。

 

 

[キュウリ カリウム過剰]

 

 

■主な症状

 

・葉脈間の黄化
キュウリがカリウム過剰になると、葉の黄化が見られます。

 

生理障害では、葉の黄化という症状がたびたび見られますが、
過不足のある要素によって、黄化の出方も変わります。

 

カリウム過剰の場合は、葉脈を残した状態で黄化します。

 

症状が軽いうちは、葉脈間の色が薄くなっていく程度ですが、
症状が進むと、葉の縁がはっきりとわかる黄色に変色します。

 

要素過剰の状態にも関わらず、マグネシウム欠乏とよく似たような症状が出るのが、
カリウム過剰の特徴です。

 

・葉の巻きあがり
カリウム過剰の症状は、黄化だけではありません。
葉の縁が巻きあがり、葉の表面が凸凹してくる症状が出る場合もあります。

 

葉の縁が巻きあがるといっても、大きく巻きあがるわけではなく、
葉の縁が少しめくれあがったようになります。

 

また、凸凹の症状もすぐには気づけないかもしれませんが、
正常な葉と比べると、やや厚みがあるように感じるのも、特徴です。

 

 

■主な原因

 

・カリウム過多
カリウム過剰の症状は、土栽培で出ることは稀です。

 

そのため、水耕栽培でキュウリを育てる場合に、
土栽培と同じような要領で肥料を与えると、
カリウム過剰が起こる可能性が高くなります。

 

水耕栽培の場合、土栽培とは違い、養液中のバランスが崩れると、
ダイレクトに生育に影響します。

 

 

■対策

 

・施用量を見直す
土栽培では、カリウム過剰はあまり出ません。

 

ただ、絶対に出ないという確証もないので、
できるだけ施用量が許容範囲を超えないよう、注意して施用します。

 

また、水耕栽培でカリウム過剰の症状が出た場合は、
養液を一新させ、養液バランスを正しい状態に戻します。

 

 

■判断基準

土栽培では起こりにくい生理障害も、水耕栽培では起こりやすい場合があります。
様子がおかしいと思ったら、養液の状態をチェックしましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
楽しみ 選び方 つる枯病 炭そ病 花が咲かない 発芽しない キュウリ栽培 育てる キュウリ苗 肥料 キュウリ 枯れる 収穫 育て方 道具 連作 水やり 植え付け時期 モザイク病 受粉 うどんこ病 実がならない つる割病 用土 キュウリ 地植え 育て方 家庭菜園 おいしい
ランキング