あずま3号

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » あずま3号

あずま3号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


あずま3号

 

 

あずま3号は、株式会社大和農園 天理交配のキュウリの品種です。

地這栽培にも支柱栽培にも適した品種で、豊産種です。

 

適作型も幅広く、育てやすいです。

あずま3号の特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

[あずま3号]

 

 

■あずま3号の特徴

 

・適作型と栽培方法が選べる
あずま3号は、早熟栽培から露地抑制栽培まで適応します。
作型が選べるので、栽培スケジュールなどを見て作型を決めましょう。

 

地這栽培、支柱栽培どちらにも適しています。

 

・草勢
草勢はとても良く、旺盛に枝・葉がぐんぐん伸びます。
スタミナもあるので、長期にわたっての収穫が可能です。

 

・果実
果実の長さは約22~23センチです。
イボが低く、果肉がやわらかくて食味に優れた品種です。

 

 

食材を引き立てる美味しいキュウリです

 

 

■あずま3号の栽培のコツ

 

・種まき
ポットに2~3粒、種をまきます。

種の発芽適温は25~30度なので、25度以下になってしまう環境では、
保温・加温して発芽を促します。

 

発芽したあとは、生育の良いものを1本残して1本仕立てにします。

 

・定植
1平方メートルあたり、苦土石灰100グラム、堆肥3キロ、
化成肥料150グラムを入れます。

 

畝幅は約1メートルで支柱を立ててネットを張り、
株間を60センチほどとって定植させます。

 

あずま3号は地這栽培も可能なので、
支柱を立てずに這わせて栽培することもできます。

 

追肥は1株あたり化成肥料10グラムほどを、定植から2週間経った頃から、
2週間おきに与えます。

 

 

 

 

・整枝
親づるの6節目までの脇芽は全て摘み取ります。

 

7節目以降の子づるは葉を2枚ほど残して摘心し、
孫づるは混み合い次第、随時摘心します。

 

親づるの摘心は、20~24節目が目安です。

 

・栽培スケジュール
直まきできるスケジュールもあります。

 

4月中旬~5月中旬頃に直まきして栽培をスタートさせれば、
6月中旬~随時収穫することができます。

 

露地抑制栽培では、7月後半に種まきして長いと、
11月頭くらいまで収穫できるスケジュールもあります。

 

家庭菜園で育てる他の作物の収穫期を見ながら、
それぞれの畑にあったスケジュールを選択しましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
実がならない キュウリ 植え付け時期 楽しみ キュウリ 地植え 育て方 発芽しない 枯れる 育てる 肥料 つる割病 選び方 モザイク病 つる枯病 連作 花が咲かない 育て方 炭そ病 用土 おいしい うどんこ病 受粉 家庭菜園 道具 水やり 収穫 キュウリ苗 キュウリ栽培
ランキング