キュウリ キムチ炒め

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 料理・レシピ » キュウリのキムチ炒め

キュウリのキムチ炒め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク



キュウリのキムチ炒め、ピリ辛がクセになります

 

■キュウリのキムチ炒め

 

キュウリは水分がたっぷり含まれているため、生食することが多いです。

 

特にスーパーでよく見かける細長くてイボの少ないタイプのキュウリは、

加熱すると余分な水分が出ることも多く、加熱調理は難しいことがあります。

 

けれど、キュウリの中には、加熱調理も可能な品種があるのです。
それが、加賀太胡瓜です。

 

一般的に見られるような細長い形をしておらず、かなり太いのが特徴です。

 

全体がずんぐりむっくりとしているので、

一見しただけではキュウリとは分からないくらいです。

 

普通のキュウリと比べて、水分がないわけではありませんが、

加熱しても余分な水分が出にくいのです。

 

特に炒め物では、仕上がりが水っぽくならないのでお勧めです。

そんな加賀太胡瓜を使って、今回はキムチと一緒に炒めるレシピです。

 

キムチのほのかな酸味や旨み、

そしてなんといってもピリ辛の風味がキュウリにぴったりです。

 

●材料

加賀太胡瓜……1本
ツナ缶……1缶
白菜キムチ……50g~100g

 

ゴマ油……大さじ1

 

●作り方


1.加賀太胡瓜はさっと洗い、ヘタを切ります。
縦半分に切ったら、種の部分をスプーンなどで取り除きます。

 

さらに縦半分に切ったら、3mm~5mm幅くらいの斜め切りにします。

白菜キムチは、白菜のサイズが大きい場合は、食べやすいサイズに切ります。

 

キムチの汁も一緒に炒めるので、捨てずに必ず取っておきます。

ツナは油や塩水を切っておきます。

 

 


2.フライパンにゴマ油を入れ、中火にかけます。
フライパンが温まったら、キムチを加えて炒めます。

 

キムチの汁が飛んで汁気がなくなったら、ツナも加えて炒め合わせます。

 

 


3.ツナの塊がほぐれたら、加賀太胡瓜を加えて炒めます。
全体を混ぜながら3分ほど炒めたら、味見をします。

 

塩か醤油(分量外)を加えて調えたら、出来上がりです。

 

●ポイント

レシピでは加賀太胡瓜を使っていますが、

家庭菜園でとれた大きく育ちすぎたキュウリも、同様の作り方で使えます。

 

種の部分を取り除くことで、余分な水分が出にくくなり、食感も良くなります。

キムチやツナの味付けによって、最後の調味は不要になることが多いです。

 

必ず味見をしてから、薄ければ調味料を足してください。

 

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
育て方 植え付け時期 連作 つる枯病 炭そ病 家庭菜園 実がならない つる割病 発芽しない 花が咲かない おいしい キュウリ苗 用土 キュウリ 地植え 育て方 キュウリ栽培 うどんこ病 キュウリ 受粉 楽しみ 育てる 収穫 枯れる 選び方 肥料 モザイク病 水やり 道具
ランキング