G(グリーン)・フラッシュ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » G(グリーン)・フラッシュ

G(グリーン)・フラッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


G・フラッシュ

 

 

G・フラッシュは、株式会社ときわ研究場のキュウリの品種です。

 

ときわ研究場は、家庭菜園向け、プロの農家の方向け、
両方のキュウリの品種を専門に作成している種苗メーカーです。

 

G・フラッシュはそのうち、ハウス栽培用の主要品種として人気があります。
早期より高い収量の得れる耐病性品種なので、農家の方にとくにおすすめです。

G・フラッシュの特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

[G(グリーン)・フラッシュ]

 

 

■G(グリーン)・フラッシュの特徴

 

・G・フラッシュ
G・フラッシュの”G”は、グリーンのことです。
果実は名前の通り、深い緑色をしていて色味が濃く、色ツヤが良いです。

果実の長さは約22センチほどになり、秀品率も高く販売に向いています。

 

・草姿
草勢は普通程度で、子枝・孫枝ともに非常に安定して発生します。

葉の大きさも中くらいで、日光の光を浴びやすい草姿となりますので、
多くのキュウリを植えても、管理作業が行いやすいです。

 

・収量性
低温期でも果実がしっかりと大きくなるので、早期から収量を得られます。

 

・耐病性
うどんこ病と褐斑病に強い耐病性のある品種です。
そのため、薬剤散布を軽減でき、減農薬栽培も可能となります。

 

栽培後半まで株が元気なまま栽培を続けられるので、
より多くのキュウリが収穫できます。

 

 

バンバンジーに美味しかったです

 

 

■G(グリーン)・フラッシュの栽培のコツ

 

・台木選び
ときわ研究場はそれぞれに適した台木も販売しています。
G・フラッシュの場合は、ぞっこん、ときわGT-Ⅱに適しています。

 

・栽培のポイント
定植後、果実がなり、大きくなる頃は水やりを積極的に行います。
水切れを起こすと上手く果実も肥大しなくなり、生育不良となってしまいます。

 

主枝の地際より7節目までの雌花は全て摘み取っておきます。
G・フラッシュは果実の肥大が早いので、初期に充分な樹勢を確保しておかないと、
株自体が生育に耐えられなくなってしまいます。

 

また、果実の肥大が早すぎて収穫が遅れてしまっても、
株に大きな負担をかけることになるので充分注意しましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
育て方 選び方 連作 楽しみ 水やり 肥料 発芽しない つる割病 育てる 収穫 枯れる 実がならない 用土 花が咲かない キュウリ苗 つる枯病 おいしい モザイク病 道具 キュウリ栽培 植え付け時期 キュウリ 受粉 うどんこ病 炭そ病 家庭菜園 キュウリ 地植え 育て方
ランキング