青力二号

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 青力二号

青力二号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


青力二号

 

 

青力二号(せいりきにごう)は、株式会社タカヤマシード 高農交配の品種です。

このキュウリは、節成・枝成・房成・成り戻りを兼ね揃えたタイプなので、

他品種に比べ多収豊産性の高いキュウリです。

 

集団栽培にも適しているので、プロの方にも人気のある品種です。
プロの方のお墨付きのある品種は、秀品率が高く、

食味に優れているものが多いので、家庭菜園にもおすすめです。

 

 

■青力二号の特徴

 

・株の特性
葉はとても鮮やかな緑色をしています。
べと病、うどんこ病に強く、茎もしっかり太く、とても元気な品種です。

 

側枝の発生も良く、たくさん収穫することのできるキュウリです。

また青力二号は、暑さや寒さにも強い性質をもっています。

 

良くキュウリは真夏の暑さにやられ、

色ボケして品質を落としてしまうことがありますが、

色ボケ果の発生も少なく高温期も安定した収穫が得られます。

 

・果実の特性

収穫適期サイズは約22~24センチとキュウリとしても、

平均的なサイズでとても使いやすいです。

 

尻太果や尻細果などの奇形果は少なく、非常に形の良いキュウリが採れます。
ブルームタイプのキュウリですが、そのイボも低く、

ツヤのある鮮やかな色で秀品率が非常に高い品種です。

 

 

和え物にも美味です

 

 

■青力二号の栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
中間地では、3月下旬、4月中旬、6月中旬の3パターンの栽培方法があります。
種まきの適期が幅広いので、いつからでも栽培が始めやすいです。

 

一番遅い6月中旬頃の種まきでは、7月中旬頃に定植させ、

8月中旬から10月末まで長く収穫することができます。

 

夏野菜として人気の高いキュウリですが、

秋までしっかり収穫することができ、とてもおすすめです。

 

・栽培のポイント
元肥はやや少なめにし、収穫適期頃より追肥中心に肥料を与えると良いです。
元肥が少ない分、追肥の回数は標準よりもやや多い1週間に1度が目安です。

 

青力二号は側枝の発生が良く生育がとても旺盛なので、

葉が茂りすぎないように、適度に摘芯・摘葉を行います。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
連作 つる枯病 家庭菜園 キュウリ栽培 肥料 用土 炭そ病 キュウリ苗 道具 キュウリ 地植え 育て方 うどんこ病 枯れる 植え付け時期 育てる 楽しみ 実がならない 発芽しない キュウリ モザイク病 選び方 花が咲かない 育て方 受粉 収穫 つる割病 おいしい 水やり
ランキング