超・彩軌

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 超・彩軌

超・彩軌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


超・彩軌

 

 

超・彩軌(ちょう・さいき)は、株式会社 久留米種苗園芸のキュウリの品種です。

 

ちょっと丸みのある円筒形をしているキュウリで、非常に見栄えが良く、
”最高果実”と称されるほどです。

 

また、超・彩軌は食味も非常に良くて、
皮の薄さや、果肉の締まり、絶妙な甘みから、食べやすいと好評です。

 

 

[超・彩軌]

 

 

■超・彩軌の特徴

 

・果実
果実の長さは、約22~23センチです。
やや丸みのある円筒形で、とても見栄えが良いです。

 

色ツヤも極上で、艶やかな印象が感じられます。
色あせもしにくい持ちの良さがあり、”最高果実”と称されています。

 

・草姿
葉肉はやや厚みがあり、しっかりとしていますが、小さめの葉なので、
茎葉が立ち、受光態勢に優れています。

 

主枝の茎は中くらいの太さで、節間が詰まり気味です。
側枝は中くらいで確実に発生し、良く伸びます。

孫枝も繁茂しない程度にしっかりと発生してくれます。

 

・食味
やや甘みのある果実で、皮がうすく、キュウリが苦手な人でも食べやすい味です。

 

みずみずしさを存分に感じられるので、サラダやお漬物、酢の物など、
使いやすく美味しく食べられます。

 

・耐病性
超・彩軌は、複合耐病性をもった品種です。

 

褐斑病と灰色カビ病、べと病に強く、減農薬栽培も可能です。
またそれに伴い、薬剤散布の労力も減らせます。

 

 

 

 

■超・彩軌の栽培のコツ

 

・適作型
ハウス抑制栽培、越冬栽培(つる下ろし栽培にも適しています)、
促成栽培、半促成栽培に適しています。

 

・主枝雌花率
7月~3月の種まきで、主枝雌花率は90パーセント以上と非常に高いです。
2果成りとなることもありますが、1果成りが主体の品種です。

 

・植え付け後の注意点
定植させた後は、素早く根の活着を促すことが第一です。

 

植え付けして活着、生育に勢いが出るまでは充分な潅水を行い、
生育をサポートしてください。

 

生育が良くなってきたら今度は水やりをやや控えめにして、
ハウス内の湿度管理に注意しながら、生育させていきます。

 

乾燥下になると生育に影響が出てしまうので、通路に潅水するなどして、
ハウス内の湿度がある程度保たれるような工夫をしましょう。

 

・整枝の注意点
超・彩軌は非常に生育の旺盛な品種なので、
8~10節目くらいまではつり上げずに、地面に這わせたままつるを伸ばします。

 

こうすることで、栄養バランスが保たれ、過繁茂を防ぐことができます。

 

・水やり
収穫開始頃より水やりをもとの頻度・量に戻して、果実の肥大を促します。
最初は少しずつ戻し、収量の増加とともにふやしていくのがポイントです。

 

・追肥
超・彩軌は果実の肥大スピードが早い品種なので、
肥料切れにならないように注意します。

 

・摘芯
側枝は、6~7節目までを除去して、全節1節目で摘芯を行います。
短い側枝はゆっくり摘芯をします。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
用土 おいしい 家庭菜園 選び方 実がならない 枯れる 楽しみ キュウリ苗 キュウリ栽培 花が咲かない つる枯病 発芽しない 水やり 肥料 収穫 うどんこ病 受粉 育て方 道具 キュウリ 炭そ病 連作 キュウリ 地植え 育て方 植え付け時期 つる割病 育てる モザイク病
ランキング