枝成り王子

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 枝成り王子

枝成り王子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


枝成り王子

 

 

枝成り王子は、「家庭菜園のプリンス」という

キャッチコピーのついている家庭菜園向けのキュウリの品種です。

支柱を立てての栽培も、地這いさせての栽培にも適しているので、

家庭でも作りやすく、とてもおいしいキュウリです。

 

 

■枝成り王子の特徴

 

・病気に強い
キュウリ栽培の悩みと言えば、やはり病気です。
特にキュウリは、べと病、うどんこ病、褐斑病になりやすい作物ですが、

枝成り王子はこれらに強い耐性があり、無農薬栽培も可能とされている品種です。

 

また、ウィルスによる急性萎凋症(葉枯れ病)にも耐病性を発揮します。

 

・環境に強い
寒さ、暑さに強く、つる持ちが良いので、春から秋まで長く栽培できます。
また、支柱栽培、地這栽培、露地でもハウスでも栽培できるので、

環境に問わない栽培が可能です。

 

・形良くおいしいキュウリ
揃いが良く、とても見た目の良いキュウリです。
歯切れ、食感にも優れているので品質は極上で、

売り物にもなるほどのおいしいキュウリを自宅でも味わえます。

 

・たくさん収穫できる
程良い節成り性、枝の発生も良く、とても丈夫なので、

安定した着果が得られ、おいしいキュウリが長く収穫できます。

 

 

浅漬けもおいしいです

 

 

■枝成り王子の栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
夏の露地栽培の場合、5月上旬に種まきし、

6月下旬~9月下旬頃まで収穫できます。

 

真夏の8月まきもできますが、その場合、

9月中旬~10月下旬頃までが収穫期となり、

春まきよりも収量が低くなります。

 

・種まきの注意点
キュウリの種は深くまきすぎると、発芽が悪くなります。
種まきした後は苗キャップを使い、適量の水分と地温を保ちつつ、発芽を促します。

 

苗キャップは新聞紙で覆うことで代用ができますが、

水分が多すぎても発芽が悪くなってしまうので、

その後の水やりの量に気をつけてください。
乾燥しやすい畑では、敷きワラを利用するのもおすすめです。

 

・肥料
生育が良い品種なので、堆肥、元肥、追肥、

それぞれ肥料は多めに施し、肥料切れが起こらないように充分注意します。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
道具 おいしい 炭そ病 枯れる 用土 家庭菜園 育てる うどんこ病 実がならない キュウリ 発芽しない キュウリ苗 植え付け時期 花が咲かない 楽しみ 選び方 水やり 収穫 モザイク病 キュウリ栽培 キュウリ 地植え 育て方 受粉 つる枯病 育て方 肥料 連作 つる割病
ランキング