時無みどり胡瓜

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 時無みどり胡瓜

時無みどり胡瓜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


時無みどり胡瓜

 

 

時無みどり胡瓜は、山陽種苗株式会社のキュウリです。

 

この品種は、夏秋栽培に適したキュウリなので、
7月頭の種まきでも、充分に露地で栽培が可能な品種です。

 

夏秋性の強い品種のため、促成栽培には適しませんが、
高温期に強く、とても育てやすいです。

時無みどり胡瓜について、さらに詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

■時無みどり胡瓜の特徴

 

・果実
果実の長さは、約20~21センチで、重さは、約100グラムです。
果実の長さだけ見れば、平均的なキュウリよりも、
少し短く感じるかも知れません。

 

白イボ系と呼ばれるキュウリなので、イボは小さくて少なく、
目立ちにくいです。

 

鮮やかなグリーンのカラーとツヤがあり、果実自体がとてもきれいで、
秀品率の高いキュウリがたくさん収穫できます。
高温期でも色、ツヤ、味の良いキュウリがとれます。

 

・草姿
茎は太く、節間は短く、しっかりと丈夫な株に育ちます。
肥料をしっかりと効かせて管理しましょう。

 

・美味しさ
皮は口に残りにくく、苦味や青臭さの少ない品種です。
お漬物各種、サラダ、なんでもよく合います。

 

最近、我が家では生食の他、キュウリの加熱調理にも、
チャレンジしています。

 

中華料理では頻繁に炒め物の具材になるキュウリですが、
日本ではあまり馴染みがありません。

 

しかし、良い歯応えが残り、炒めても凄く美味しいんです。
是非、チャレンジしてみてくださいね。

 

 

もろきゅうもおいしいです

 

 

■時無みどり胡瓜の栽培のコツ

 

・適作型
露地栽培とハウス抑制栽培に適しています。
促成栽培には適していないので、気を付けてください。

 

・種まきの適期
中間地の露地栽培では、4月下旬頃~7月上旬頃まで、
種まきできます。

 

ハウス抑制栽培では、7月下旬~8月上旬が適期です。

 

・ハウス抑制栽培の注意点
低温に弱いので、最低11度以上を保ち、
日中は、30度以内になるように調節します。

 

・肥料切れに注意する
時無みどり胡瓜は多収性なので、カリ分は多めにして、
収穫期に肥料が切れないよう、充分に与えてください。

 

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
枯れる キュウリ 育て方 受粉 うどんこ病 用土 花が咲かない キュウリ栽培 楽しみ キュウリ 地植え 育て方 育てる つる枯病 おいしい 炭そ病 水やり つる割病 発芽しない 肥料 選び方 実がならない 連作 植え付け時期 キュウリ苗 モザイク病 収穫 道具 家庭菜園
ランキング