小太郎ミニキュウリ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 小太郎ミニキュウリ

小太郎ミニキュウリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


小太郎ミニキュウリ

 

 

小太郎ミニキュウリは、小林種苗店の自社オリジナル品種の1つです。

 

小林種苗店さんは、他メーカーの種苗もたくさん取り扱っているので、
凄く見やすく選びやすい通販サイトです。

 

明治43年創業という長い歴史のある老舗種苗店なので、
小太郎ミニキュウリ、とてもおすすめしている品種の1つです。

 

 

[小太郎ミニキュウリ]

 

 

■小太郎ミニキュウリの特徴

 

・小太郎ミニキュウリと小次郎ミニキュウリの違い
小林種苗株式会社 小林交配のミニキュウリには、小太郎と小次郎があります。
名前を見ても分かるように”兄弟”のような品種になっています。

 

他の種苗メーカーでもミニキュウリの品種をいくつか出しているところもありますが、
その場合は、ミニキュウリでも主にサイズが違うことが多いです。

 

しかし、小太郎と小次郎はサイズ感も約10センチほどで同じくらいの大きさです。

 

小太郎と小次郎は草姿が異なります。
小太郎ミニキュウリは、小葉で側枝があまり出ないタイプのミニキュウリです。

 

家庭菜園では度々スペースが問題になることがありますが、
小太郎はよりコンパクトに密植させることができるのでベランダでのプランター栽培など、
省スペースでの栽培に適しています。

 

小次郎ミニキュウリもミニキュウリなので、
普通のキュウリと比べればスペースを必要としませんが、
やや側枝が出るタイプなので小太郎ほど密植は出来ません。

 

小次郎は側枝が出る分、
実のつきが良く収量があがるので用途によって選ぶと良いでしょう。

 

・果実と味
果実の大きさは、約10センチでツヤがあり、サラダ・漬物に適しています。
ミニキュウリを収穫してみると使い勝手の良さにビックリします。

 

少人数の家庭では、ミニキュウリの方がおすすめです。
味は苦味や青臭さが少ないのでお子さんでも食べやすい味です。

 

ピクルスも手軽に美味に作れます

 

 

■小太郎ミニキュウリの栽培のコツ

 

・栽培のポイント
株全体がコンパクトにおさまるので、
株間は50センチ程度でも問題なく栽培ができます。

 

病気の発生も少なく、非常に育てやすく収穫しやすいミニキュウリです。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
枯れる モザイク病 キュウリ 地植え 育て方 育て方 肥料 うどんこ病 受粉 楽しみ おいしい 用土 発芽しない 育てる つる枯病 連作 炭そ病 水やり キュウリ 花が咲かない 収穫 実がならない キュウリ栽培 キュウリ苗 選び方 つる割病 道具 植え付け時期 家庭菜園
ランキング