半白夏秋(はんしろかしゅう)

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 半白夏秋(はんしろかしゅう)

半白夏秋(はんしろかしゅう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


半白夏秋

 

 

半白夏秋(はんしろかしゅう)は、日本のキュウリの中ではちょっと珍しい半白胡瓜の品種です。

 

形はキュウリのような形をしていますが、色は黄緑色をしていて、
ゴツゴツとした印象が強まります。

 

食べ方も普通のキュウリは生食するのが一般的ですが、
独特の硬さがあるしっかりした果肉は、炒め物などの加熱調理にも適します。

 

株式会社久留米種苗園芸の半白胡瓜、半白夏秋は、
いったいどのような品種なのでしょうか?

 

 

[半白夏秋]

 

 

■半白夏秋の特徴

 

・果実
果実の長さは約22~23センチで、普通のキュウリとあまり変わりません。

 

色は肩の方は濃い緑色をしているものの、中盤からお尻の方にかけて白味が増し、
クリーム色が入ったような黄緑色になります。

 

ツヤがあり、全体的に形も色もきれいで見栄えが良いです。

 

・半白胡瓜
普通の半白胡瓜は黒イボタイプのものがほとんどですが、
この半白夏秋は、白イボタイプの半白胡瓜なのでより珍しいです。

 

・草姿
葉はやや黄色みがかった色合いで、若干普通のキュウリの葉と比べて大きいです。

 

生育は早く、側枝の発生も勢いが良く、草勢は強い方です。

連続性の高い節成性で、収量も多くなります。

 

・食味
半白胡瓜は普通のキュウリと比べて、やや硬く果肉がしっかりとしています。

 

生食に利用することもできますが、煮物にしたり、炒め物にしたりなど、
加熱調理に適した品種なので、是非、チャレンジしてみてください。

 

意外性はありますが、キュウリの炒め物は歯ごたえがあり、とくに良くマッチしますよ。

 

 

■半白夏秋の栽培のコツ

 

・定植
若苗を定植するようにし、定植後の活着のスピードを高めます。

 

・水やり
定植後の活着もそうですが、生育期間を通して過度な乾燥にならないよう、
こまめに水やりすることが大切です。

 

・肥料
節成り性が高く、次々に果実がなるので、肥料切れは厳禁です。
早め早めの追肥を心がけましょう。

 

・防虫
虫による果実の食害がふえているので、予防散布するなどして、
食害のリスクを予防しましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
選び方 発芽しない 水やり おいしい 連作 育てる 肥料 キュウリ栽培 枯れる 花が咲かない 育て方 キュウリ苗 キュウリ 地植え 育て方 うどんこ病 炭そ病 実がならない 楽しみ つる枯病 道具 収穫 モザイク病 家庭菜園 植え付け時期 受粉 用土 キュウリ つる割病
ランキング