光耀

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 光耀

光耀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


光耀

 

 

光耀(こうよう)は、ときわ研究場育成のキュウリの品種です。

 

病気に強い品種のため、丈夫な株に育てやすく、
栽培後期まで安定した収穫が得れる、多収性の高いキュウリです。

 

おすすめ品種として紹介されている光耀の人気の秘密に迫ります。

 

 

[光耀(こうよう)]

 

 

■光耀(こうよう)の特徴

 

・露地栽培用品種
ときわ研究場の品種は、大きく分けて2つあります。

 

1つは、ハウス栽培用品種として売り出されているもの、
そしてもう1つが、夏秋の露地栽培用品種として売り出されているものです。

 

このうち、光耀は夏秋の露地栽培に適した品種です。

ハウス栽培に必要な特別な資材を使わないので、家庭でも充分に育てられます。

 

・果実
果実の大きさは、約21センチです。

 

キュウリらしい鮮やかな色合いとツヤがあります。

高温期でも果実がしっかりと伸びます。

 

 

和風にはもちろん、洋風にもおいしいキュウリです

 

 

・耐病性
うどんこ病にとても強い品種です。
また、べと病に対しても耐病性があります。

 

さらに、ウィルス病(ZYMV)にも耐病性をもつ複合耐病性品種なので、
真夏の暑い日々でも草勢が安定します。

 

・収量性
着果率はそれほど高くはありませんが、株に負担をかけない程度の着果性で、
果実の形や大きさが安定しやすく、安定した収量が確保できます。

 

 

 

 

■光耀(こうよう)の栽培のコツ

 

・種まきの適期
光耀の種まきの適期は、4月上旬~8月中旬頃までです。
夏秋栽培に適していますが、5月中までに種まきすることをおすすめします。

 

・雌花着生率
主枝の雌花率は3月~4月の種まきで、40~50パーセント、
7~8月とやや種まきが遅れると、20~30パーセントとなります。

 

主枝・側枝ともに1つずつ果実がなり、
側枝は連続または飛び成り性です。

 

・草姿
葉は肉厚、茎も太く、全体的にしっかりとした株に育ちます。
側枝、孫枝以降の発生も良く、草勢を最後まで維持しやすい品種です。

 

・栽培のポイント
主枝の摘芯はやや低めが理想です。
仕立て方としては、子枝を成り花止めとして、孫枝以降を放任で育てます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
実がならない 育て方 つる枯病 選び方 植え付け時期 水やり 収穫 育てる 炭そ病 発芽しない 楽しみ うどんこ病 受粉 キュウリ苗 花が咲かない つる割病 おいしい 用土 キュウリ栽培 道具 キュウリ 地植え 育て方 キュウリ 枯れる 連作 モザイク病 家庭菜園 肥料
ランキング