ピカピカ胡瓜

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ピカピカ胡瓜

ピカピカ胡瓜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

スポンサードリンク


ピカピカ胡瓜

 

 

ピカピカ胡瓜は、小林種苗店の自社オリジナル品種です。

小林種苗店さんはいろいろな種苗の取り扱いをしていますが、

ピカピカ胡瓜のように、一部オリジナルでも品種を発表している会社です。
ネット通販サイトとしても品揃えが良く、とてもおすすめです。

 

■ピカピカ胡瓜の特徴

 

・省力品種
省力品種とは、少ない手間で栽培が出来る品種のことです。
ピカピカ胡瓜の場合はうどんこ病やべと病に強く、

スタミナのある品種なので、病害虫の防除などの手間が省け、

簡単に育てることができます。

 

初期生育はやや大人しいですが、

後期までしっかり生育するので収穫の波も少なく、安定しています。

 

・果実
果実の大きさは約21~22センチで、果実の太さは中くらいです。
果実の色は濃い緑色でテリが感じられ、

まるでスーパーに並べられているような市場性の高いキュウリが収穫できます。

 

また、尻太果や胴細果、曲がり果といった、

いわゆるクズ果の発生が少ないのも魅力です。

果揃いが良く、おすそ分けしても、

恥ずかしくないレベルのキュウリが自宅でも栽培できます。

 

・主枝雌花率と草姿
主枝雌花率は3月~5月まきで50~60パーセント、

各1つずつ果実がなるのが基本です。
側枝の太さは中くらいで、草勢も良く、高温・乾燥期でも栽培しやすい品種です。

 

 

■ピカピカ胡瓜の栽培のコツ

 

若苗での定植がおすすめです。

初期の生育を安定化させることで収量も増えます。

・完熟堆肥を多めに入れ、良く耕してください。
元肥もやや多め、有機質肥料を主体にします。

・7節目までの側枝、雌花は早めに除去し、

それ以降の側枝は中段までの1節目、上段は2節目で摘芯します。
孫づるに関しても草勢も見て摘芯しますが、

生長点が大きく健康な側枝が常に3~4本あるように調整します。

初期より収穫量が多いので追肥は雌花が開花し始めた頃から始めます。
その後は、7日~10日ごとに1回追肥を行うようにしてください。

生育中期以降はあまり強い剪定は行わないようにしましょう。

 

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
選び方 うどんこ病 炭そ病 肥料 キュウリ栽培 キュウリ苗 つる割病 水やり 育て方 楽しみ つる枯病 キュウリ 地植え 育て方 用土 道具 育てる 花が咲かない モザイク病 キュウリ おいしい 家庭菜園 受粉 発芽しない 連作 植え付け時期 枯れる 収穫 実がならない
ランキング