トライアルV

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » トライアルV

トライアルV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


トライアルV

 

 

トライアルVは、株式会社 久留米種苗園芸のキュウリの品種です。

 

さまざまな病気に耐病性のある品種なので、病気の防除や、
薬剤散布といった栽培の手間が少なく済み、管理作業を時短できます。

 

省力栽培を目指す方におすすめです。

 

 

[トライアルV]

 

 

■トライアルVの特徴

 

・果実
果実の大きさは、約20~22センチです。

 

頭からお尻まで、あまり太さの変わらない寸胴型をしています。

形の揃いは抜群かつとても美しく、とても見栄えの良い品種です。

 

果実の色味は濃いグリーンで、どこか黒が入るような濃い色をしています。
抜群の光沢があり、ピカピカと光るような果実になります。

 

・食味
果実の皮はとてもうすく、果肉は締まり、シャキシャキとした食感が楽しめます。
みずみずしさもあり、サラダ、お漬物、酢の物など、さまざまな料理に使えます。

 

・草勢
主枝の茎はとても丈夫で太く、徒長しない中くらいの茎です。
スムーズな生育が目指せるので、初期収量もあげやすいです。

 

側枝は早く、徒長しにくく確実に発生します。
孫枝は退化気味で発生します。

 

葉は中くらいの大きさで色は濃く、強めです。
やや角型をしていて、全体的な草勢としても強く、生育に安心感が見られます。

 

・省力性
とくに収穫期を迎えてからの、省力性の高い品種です。
放任でも育てやすく、収穫作業に専念できます。

 

また、トライアルVは非常に秀品率の高いキュウリなので、
市場に出す際の果実の選別が楽に行えます。

 

このあたりも省力性が評価される秘密です。

 

・収量
初期収量が非常に高く、枝を放任していても絶え間なくキュウリがなり、
多収が見込める品種です。

 

・耐病性
うどんこ病、褐斑病にとくに強い耐病性をもっています。

 

 

■トライアルVの栽培のコツ

 

・適作型
露地栽培に最適です。
トンネル早熟栽培も可能です。

 

・雌花着生率
主枝40~60パーセント、側枝90パーセントで、
連続して着果する1果成りの品種です。

 

・収穫の注意点
次々に果実がなるので、とり遅れや肥料切れ、水切れに注意しましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
炭そ病 実がならない 受粉 うどんこ病 つる割病 育て方 花が咲かない キュウリ 地植え 育て方 発芽しない 用土 つる枯病 キュウリ苗 水やり 植え付け時期 キュウリ 道具 楽しみ おいしい 枯れる 選び方 連作 モザイク病 育てる 肥料 キュウリ栽培 収穫 家庭菜園
ランキング