セレソン2号

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » セレソン2号

セレソン2号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


セレソン2号

 

 

セレソン2号は、株式会社 久留米種苗園芸のキュウリの品種です。
1果ずつなりますが、連続性の高い着果が見られるので、収量も得られます。

 

また、草勢が低下しにくく、病気に強いので、長期間にわたって、
安定した収穫が得られる品種です。

 

セレソン2号の特徴と栽培のコツを見て行きましょう。

 

[セレソン2号]

 

 

■セレソン2号の特徴

 

・草姿
葉はやや丸みのある中くらいの大きさになります。
濃いグリーンで鮮やかな茎葉は立ち性で、日光の光を浴びやすい草姿です。

 

全体的に生育が良いものの、スッキリとしていて、管理しやすいです。

側枝と孫枝は徒長しにくく、確実に発生します。

連続性の節成となるので、収量も充分に確保できます。

 

・果実
果実は長さ、約21~23センチの円筒形です。

 

尻細果や尻太果の発生が少ないので、きれいな円筒形をした、
高品質のキュウリがたくさんとれます。

 

非常に色ツヤも良く、市場性の高い品種です。

 

・食味
栽培しやすい品種としておすすめなセレソン2号ですが、
味も美味しく、とても食べやすく、歯切れの良い食感が楽しめます。

 

・耐病性
とくに褐斑病に対して強い耐病性を発揮します。

 

その他の病気では、うどんこ病にも強く、長期間強健に育てられ、
長期どりに適しています。

 

 

■セレソン2号の栽培のコツ

 

・適作型
雨除け栽培、トンネル早熟栽培、露地夏秋栽培に最適の品種です。

 

・節成りキュウリ
セレソン2号の節成率は、30~40パーセントで、
各節1果ずつなる、1果成りです。

 

側枝から孫枝にかけて、連続性の節成となります。

 

・栽培スケジュール
雨除け栽培の種まきの適期は、2月下旬~4月上旬です。
収穫期は、4月上旬~7月頃となります。

 

トンネル早熟栽培の種まきの適期は、3月上旬~3月下旬です。
収穫期は、5月中旬~8月頃となります。

 

夏秋栽培は、3月中旬~4月中旬頃、4月中旬~5月頃が種まきです。

3月中旬~の種まきでは、5月下旬~7月中旬、
4月中旬~の種まきでは、7月~10月上旬が収穫期となります。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
モザイク病 発芽しない キュウリ 選び方 肥料 収穫 つる割病 育てる 炭そ病 家庭菜園 うどんこ病 用土 つる枯病 道具 枯れる おいしい 楽しみ 連作 水やり キュウリ栽培 植え付け時期 実がならない キュウリ 地植え 育て方 受粉 キュウリ苗 育て方 花が咲かない
ランキング