クラージュ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » クラージュ

クラージュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


クラージュ

 

 

クラージュは、株式会社 ときわ研究所のキュウリの品種です。
この品種はなんといっても、強い耐病性をもった品種であることが魅力です。

 

褐斑病とうどんこ病に強い他、べと病の発生も非常に少ないので、
栽培後半まで安定した収量を得られ、栽培期間を通して安定しています。

 

薬剤の使用を抑えたい方や、薬剤散布の手間を省きたい方にもおすすめです。

 

 

[クラージュ]

 

 

■クラージュの特徴

 

・果実
果実の大きさは約22センチほどです。
クラージュは秀品率も高く、色濃いツヤのある果実がたくさんとれます。

 

・草姿
葉は濃い緑色で中~小葉です。
受光態勢の良い草姿となるので、管理も行いやすく、丈夫な株に育ちます。

 

・収量性
果実の肥大スピードは速めで、初期から多収が見込めます。
また、樹ボケの心配は少ないです。

 

クラージュは暑さにも強い性質なので、夏の高温下においても、
順調にキュウリが大きくなり、尻細果などの奇形果の発生は少ないです。

 

・耐病性
褐斑病とうどんこ病に強い耐病性があります。
また、べと病の発生も少なく、薬剤の散布を抑えることができます。

 

草勢も良く、全体的に丈夫な株に育って病気にも強いので、
栽培後半になっても、安定した栽培が行えます。

 

 

■クラージュの栽培のコツ

 

・種まきの適期
種まきの適期は、1月~4月です。
また、7月~9月に種まきする作型もあります。

 

・一番果開花までの栽培方法
主枝の一番果の着果は、9~10節以降とします。

 

8節目付近より子枝を1~2本放任で伸ばして、
3本仕立てにする仕立て方がおすすめです。

 

主枝の摘芯は、だいたい15~17節程度でやや低めに摘芯を行います。

 

初期の低温で節間が短くなるようであれば、雌花の着果位置や、
子枝の発生位置は節間が伸び始めた節くらいからとします。

 

充分に節間が伸びて株が順調に育つまでは着果させたり、
子枝を利用しないようにしてください。

 

側枝の摘芯は、次の枝の発生を見届けてから行います。
摘芯を急いだり、強摘心にならないように気を付けてください。

 

・開花~収穫期の栽培方法
開花後の果実の肥大はとてもスピーディーなので、
主枝の果実の肥大がはじまる頃より、必ず子枝の生長点を3~4本確保します。

 

収穫がはじまったら、水切れに注意してこまめに水やりを行います。

 

収穫の中盤以降は、気温も徐々にあがるので温度管理に留意します。
急激な温度変化にも弱いので、気温をあげすぎないことはもちろんのこと、
カーテンなどでうまく調整して、急激に温度が変わらないようにしましょう。

 

・栽培の注意点
生育初期に窒素分が多すぎると、茎葉ばかりが茂り、
肝心の果実に影響が出たり、病気の助長を招くことがあります。

 

元肥は適量にして、足りない肥料は追肥として補います。

 

生育初期は地温と気温を充分に確保して、しっかりと水やりを行い、
初期から多収を目指しましょう。

 

収穫後半は放任枝を利用して栽培しますが、
繁茂しすぎないように、適度な摘葉を行ってください。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
肥料 つる割病 選び方 炭そ病 受粉 キュウリ苗 実がならない 発芽しない つる枯病 道具 連作 花が咲かない 育て方 育てる キュウリ 収穫 キュウリ栽培 枯れる 植え付け時期 モザイク病 楽しみ おいしい キュウリ 地植え 育て方 用土 うどんこ病 水やり 家庭菜園
ランキング