カルティア

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » カルティア

カルティア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


カルティア

 

 

カルティアは、株式会社久留米種苗園芸のキュウリです。
この品種は、つるんとした見た目のイボなしキュウリです。

 

スーパーで市販されているキュウリは、イボのあるキュウリなので、
家庭菜園では、イボなしのキュウリを栽培して食べてみたい!
という声も大きく、根強い人気があります。

 

■カルティアの特徴

 

・イボなしキュウリ
イボなしのキュウリは、いわゆる、ブルームレスとよばれるキュウリです。

 

通常、キュウリというのはゴツゴツとした見た目のものが主流で、
板摺をして使用している方も多いと思いますが、カルティアには、
そのイボがありません。

 

とくに有名なのは、「フリーダム」という品種です。
イボのないキュウリの代表品種で、とても人気があります。

 

イボのないキュウリは、シワもなく、つるんとしているので、
洗いやすく、料理に使ったときの見栄えがとても良いです。

 

皮が薄く、パリッとした歯切れの良さが味わえるので、
食味も最高で、野菜嫌いのお子様でも食べやすいお味です。

 

・果実
カルティアの長さは、約22センチほどです。

ツヤがある果実は、一般的なキュウリと比べると淡い色ですが、
発色が良く、水をはじく、とてもきれいな果実になります。

 

・耐病性
褐斑病とうどんこ病に強いので、自根栽培にも適しています。

 

・草姿
生育はとても良く、がっちりとした草姿になります。
節間はやや詰まり、側枝は確実に発生して、孫枝も良く伸びます。

日光の光も浴びやすく、果実のなりも早い品種です。

 

果実の形も安定しているので、収穫はじめから、おわりまで、
しっかりと秀品率の高いキュウリをとることができます。

 

 

■カルティアの栽培のコツ

 

・適作型
適応する作型は、1~3月に種まきするハウス促成栽培や、
ハウス抑制栽培です。

 

・台木
台木を選ばない品種なので、お好みの台木を選べます。
また、自根でも栽培できる強さがあります。

 

・雌花着生率
雌花の着生率はほぼ100パーセントです。
水切れ、肥料切れさえ起こさなければ、安定して収量が得られます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
炭そ病 収穫 用土 キュウリ 連作 道具 花が咲かない キュウリ苗 水やり キュウリ 地植え 育て方 つる枯病 家庭菜園 受粉 つる割病 選び方 うどんこ病 植え付け時期 モザイク病 楽しみ 実がならない 育て方 育てる 発芽しない おいしい 肥料 キュウリ栽培 枯れる
ランキング