はるか

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » はるか

はるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


漬け物に最適なはるか

 

 

はるかは、株式会社ときわ研究場のハウス栽培用品種です。

 

ときわ研究場は、キュウリの品種を主に育成している種苗メーカーなので、
どの品種も優良で、安心して育てられるものばかりです。

 

多くの品種を育成しているときわ研究場ですが、
このはるかは、いったいどのような特性をもった品種なのでしょうか。

 

 

[はるか]

 

 

■はるかの特徴

 

・果実
果実の色はツヤのある緑色で元気が良く、
1本の長さは約21~22センチ、重さは100グラムほどになります。

 

果実の形も円筒形で頭からお尻まで均一で、果揃いの良い品種です。

 

尻太果、尻細果、曲がり果などの発生が非常に少ないので、
果実の選別が容易で、省力化・効率化につながります。

 

・食味
きれいな形をしたキュウリなので、お漬物にしても美味しく、
見栄えも楽しめる味わいです。

 

パリッとした食感で、食卓の箸休めに最高です。

 

・草姿
葉の色は色濃く、葉肉も少し厚めです。
小葉ながらしっかりとしているので、安心感があります。

 

草勢は中くらいですが、葉柄が立ち、受光しやすい株に育ちます。

 

日光をたくさん浴びることができるので、悪条件下においても作りやすく、
省力栽培に適しています。

 

・収量性
気温が低い時期や日照りの少ないところや、天気の悪い日が続いても、
しっかりと果実が太り、バランス良く生長していく品種です。

 

そのため、はるかは常に収量を維持することができます。

 

・特徴のまとめ
はるかは、早生種で秀品果実も抜群に多く、手間がかからない品種として、
プロの農家の方にも愛されている品種です。

 

秀品果が多い分、出荷に回すことができるキュウリの本数がふえるので、
無駄が少なく、省力栽培にも適しています。

 

 

 

 

■はるかの栽培のコツ

 

・適作型
はるかは、ハウス栽培専用の品種です。
摘芯栽培はもちろんのこと、つる下げ栽培にも最適な品種です。

 

・種まきの適期
ハウス栽培を利用するので、8月下旬頃~4月下旬頃まで、
長い期間で栽培を開始することができます。

 

時期に応じて、加温設備が必要になることもあります。

 

・栽培方法
一般的なキュウリの栽培方法に準じます。

 

・つる下げ栽培の仕立て方
主枝は、10~14節目で止め、上位節から子枝4本を選別して、
力枝として伸ばしていきます。

 

他の側枝は全て1節目で止め、収穫がおわり次第取り除いておきます。

 

その他、子枝3本仕立てや子枝5本仕立てといった方法もあるので、
樹勢を見つつ、栽培してみてください。

 

またこの上位節の子枝のみを力枝とする仕立て方法は、
作業性がとても良いので、プロの農家の方の間では割とメジャーな方法です。

 

下位5本(子枝4本+孫枝1本)で仕立てる方法や、
中位4本(中段子枝3本+頂点孫枝1本)で仕立てる方法などもありますが、
上記で説明した上位4本(子枝のみ4本)を仕立てる方法はおすすめです。

 

とくに定植時期の早い、9月下旬~10月中旬に定植する作型での栽培で、
用いられることの多いつる下げ栽培の仕立て方です。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
うどんこ病 水やり 道具 楽しみ キュウリ 地植え 育て方 おいしい キュウリ 育て方 連作 選び方 モザイク病 育てる 受粉 花が咲かない 肥料 発芽しない キュウリ苗 植え付け時期 つる枯病 用土 キュウリ栽培 実がならない つる割病 炭そ病 収穫 家庭菜園 枯れる
ランキング