はやか

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » はやか

はやか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


はやか

 

 

はやかは、株式会社埼玉原種育成会、OS交配のキュウリの品種です。
ハウス栽培に適している品種で、病気や暑さに強い丈夫なキュウリです。

 

とても育てやすく、高温期でも果実の出来が良いので、
プロの農家の方々に重宝されています。

 

はやかの人気の秘密を詳しく紹介していきます。

 

 

[はやか]

 

 

■はやかの特徴

 

・草姿と草勢
はやかの生育初期は、割とガッチリとした草姿、草勢になります。

 

果実の肥大がはじまると、常に雌花を肥大させながら生育していくので、
やや草勢はおち、繁茂しにくい株姿になります。

 

管理作業を省力化できるので、うれしいポイントです。

 

・果実
1つの果実の長さは約21~22センチになります。
100グラムほどの大きさで、ツヤがあり、とても美味しそうなキュウリに育ちます。

 

はやかは果実の形が整いやすいことも魅力の1つです。

首からお尻まで良く揃い、奇形果が出来にくいです。

 

ヤケ果はほとんどなく、安定して良いキュウリが次々にとれます。

 

・耐病性
うどんこ病と褐斑病に耐病性があり、育てやすいです。
またべと病にも強い性質を持っている品種ですので、減農薬栽培も夢じゃありません。

 

・収量
果実が肥大するスピードが早いので、安定した収量が得られます。
病気に強く丈夫なこともあり、総収量はなかなかのものです。

 

・食味
かじったときに良い食感が得られます。
とてもキュウリらしく、パリッと歯切れの良さが感じられ、美味です。

 

 

 

 

■はやかの栽培のコツ

 

・適作型
雨除け栽培、夏どり栽培、抑制栽培に適したハウス栽培向けの品種です。

 

・種まきと定植の適期
育苗をはじめるのは、3月頃からで、8月くらいまでには定植できるようにしましょう。

 

・育苗
最適な台木は、同じOS交配のゆうゆう一輝(黒タイプ)や、
オールスター一輝、FGY、RK-3がおすすめです。

 

ブルーム台木を使用する場合は、ウルトラ9B南瓜がおすすめです。

 

・植え付け
節成り性ですが、あまり密植させないよう風通し良く育てます。

 

・雌花率
主枝への雌花率は3~5月の定植で、約60パーセントほど、
6~8月の定植で、約40~50パーセントとなります。

 

側枝~孫枝以降は雌花が連続着果しやすい性質で、
1節に1~2つの果実がなります。

 

・追肥
元肥は一般的なキュウリ栽培に準じます。

 

追肥は気持ち早めにすると良いです。
果実の開花から4~5日後から、少量ずつこまめに追肥していきます。

 

・水やり
定植する2~3日前にたっぷり水を含ませておきます。

 

定植~活着までの期間はもちろんのこと、活着後も水が切れないよう、
適宜水やりを行いましょう。

 

こうすることで、側枝の発生や葉の展開が良くなります。

 

・整枝と摘葉
強摘心を行い、出来るだけ摘み遅れを避けるようにします。
一番の収穫期を終えたら、伸びる枝を4~6本ずつ維持するようにしてください。

 

・栽培の注意点
草勢が弱まってしまったときは、早摘みにならないように気をつけます。
また、抑制栽培においては栽培後半、しっかりと保温して育てるようにしましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
道具 家庭菜園 用土 植え付け時期 花が咲かない うどんこ病 育てる 楽しみ 肥料 実がならない キュウリ苗 つる割病 連作 育て方 受粉 キュウリ栽培 発芽しない つる枯病 枯れる 選び方 おいしい 炭そ病 水やり キュウリ モザイク病 収穫 キュウリ 地植え 育て方
ランキング