ぞっこん

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ぞっこん

ぞっこん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


ぞっこん

 

 

ぞっこんは、株式会社ときわ研究場から出ているキュウリの台木用品種です。

 

ときわ研究場はキュウリを主とした種苗メーカーですので、
そこから出ている台木用品種もとても評判が良く、おすすめばかりです。

 

ぞっこんは、その中でもブルームレスタイプの台木用品種になります。

 

イボのない、ブルームレスタイプのキュウリ栽培に役立ちます。

ぞっこんの特徴や栽培のコツについて、詳しく紹介していきます。

 

 

[ぞっこん]

 

 

■ぞっこんの特徴

 

・ぞっこんとは
イボのないブルームレスの台木品種で、カボチャの品種です。

 

・草姿
種子の大きさは中くらいの大きさです。

 

子葉は深い緑色をしていて発芽揃いが良く、
初期からぐんぐんと元気に伸びる様子が見られます。

 

ぞっこんは根も太くて丈夫です。
また、根の量が多く、土の中に深く根を張らせるので苗がしっかりとした姿になります。

 

がっちりとした苗に育つので、病害虫の防除もしやすく、
風などの影響や気温の違いにも強くなります。

 

胚軸が太いので、接ぎ木しやすいです。
しっかりと胚軸を伸ばして育てるのが栽培のポイントです。

 

 

 

 

・収量性
断根挿し接ぎ、呼び接ぎ、どちらの接ぎ方にしても優れた発根力により、
栽培後期になってもスタミナが持続します。

 

草勢が保てるだけでなく、最後まで収量性が高くなり、
できる果実も秀品が多いです。

 

株そのものは徒長しにくく、がっちりとした草姿になります。

 

栽培後半にとくに強いので、長期スケジュールでの栽培に適しています。
安定した収量を得たいという方におすすめです。

 

・耐病性
ぞっこんは、うどんこ病に耐病性をもっています。

 

栽培初期はとくに気をつけなくてはいけない病気なので、
うどんこ病に耐病性のある台木を選ぶことをおすすめしています。

 

 

 

 

■ぞっこんの栽培のコツ

 

・適作型
ハウス越冬栽培、促成栽培、半促成栽培、露地栽培に最適ですが、
1年間通して種まきができる周年まきの品種なので、
幅広い作型に適しています。

 

・栽培のポイント
発芽のときは、胚軸を伸ばすように管理するようにしましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
おいしい 家庭菜園 道具 キュウリ苗 肥料 キュウリ栽培 楽しみ 発芽しない つる割病 つる枯病 炭そ病 育て方 育てる 用土 選び方 受粉 連作 実がならない 水やり 枯れる 花が咲かない 収穫 植え付け時期 うどんこ病 キュウリ キュウリ 地植え 育て方 モザイク病
ランキング