キュウリ 雌花ばかり

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ栽培Q&A » キュウリ 雌花ばかり

キュウリ 雌花ばかり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


キュウリは、1つの花に雌しべと雄しべが両方ついているのではなく、
雌花と雄花とに分かれて咲くタイプの植物です

 

 

この雌花と雄花が別々に咲くタイプの植物は、
両方が一度に咲かないと受粉できないことが多いです。

 

では、キュウリ栽培で雌花ばかり咲くというのは、どうしてなのでしょうか。

 


[キュウリ 雌花ばかり]

 

 

■キュウリ 雌花ばかり

 

 

雌花ばかりだと不安になりますが……

 

 

キュウリは、雌花と雄花が別々に咲く植物なので、雌花ばかりが咲くと、
受粉できずに実がつかない、と心配になります。

 

けれど、キュウリの場合は問題ありません。
というのも、キュウリには「単為結果」と呼ばれる性質があるためです。

 

単為結果とは、受粉なしでも着果ができる性質のことです。
つまり、キュウリは雌花ばかりがついたとしても、
単為結果の性質によって、着果可能なケースがほとんどです。

 

キュウリの単為結果できる性質を利用して、

各節に雌花がつきやすいように改良された品種が多数あります。

 

そのためか、雄花よりも雌花の方がつきやすいものが多く、
中には雌花ばかりがついて、
雄花がつかない株に育ちやすいものもあります。

 

着果した実から種をとりたい場合は、受粉が必要となります。
単為結果で着果した実は、受粉していないため、種ができないからです。

 

実を切った時には、小さな種の赤ん坊が見えることがありますが、
実が熟して黄色くなるまで置いていても、この種が熟すことはありません。

 

固定種などで種をとりたい場合は、雄花の存在が重要となります。

 

 

雌花だけでも、良い実がなります

 

 

■キュウリ 雄花ばかり

 

キュウリ栽培では、雌花ばかりがついても問題にならないことが多いですが、
雄花ばかりがついて雌花がつかない方が問題です。

 

キュウリの場合、雌花だけでも実はつきますが、
雄花だけが咲いても実がつかないためです。

 

ただ、栽培前半は、雄花ばかりが咲くことがよくあります。
雄花ばかりが咲くのは、まだ株が十分に生長していないので、
花や実をつける生殖生長に傾いていないため、と言われています。

 

株が生長して大きくなれば、雌花がつくようになります。

また、いつまでも茎葉を大きくする栄養生長ばかり続いている株は、
摘心をすることで、生殖生長に体力を使わせる、という方法もあります。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
受粉 花が咲かない 育て方 枯れる 収穫 楽しみ 家庭菜園 つる枯病 キュウリ苗 連作 炭そ病 用土 うどんこ病 発芽しない モザイク病 キュウリ栽培 道具 植え付け時期 実がならない キュウリ 地植え 育て方 つる割病 キュウリ おいしい 選び方 水やり 肥料 育てる
ランキング