キュウリ 浅植え

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ栽培Q&A » キュウリ 浅植え|バテずに大収穫!

キュウリ 浅植え|バテずに大収穫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

スポンサードリンク


私も、さっそく挑戦しました、もちろん地植えでも威力を発揮します

 

 

キュウリを浅植えすると良い、という話をご存知でしょうか。

 

キュウリを植え付ける時、根鉢が少し地表より出た状態で植えることにより、
夏にバテず、おいしいキュウリが収穫できるというのです。

キュウリの浅植えとは、どのようなものなのでしょうか。

 


[キュウリ 浅植え|バテずに大収穫!]

 

 


■キュウリ 浅植えのメリット

 

キュウリを浅植えすることによって、様々なメリットが生まれます。
まずは、浅植えによって得られるメリットをご紹介します。

 

・根張りが良い
キュウリの根は、地面の中でも浅めのところに伸びる性質があります。
そのため、根の伸びが悪く、養水分を吸い上げる力が弱いと、夏バテを起こしたり、
思うように生育しなかったりします。

 

浅植えにして育てると、根が外気に触れて暑さや寒さに当たります。
さらに、乾湿の差を感じることができるため、
根がより良い環境へと伸びようとして、根張りが良くなります。

地下の根の張りが良くなれば、その分地上部のつるや葉、実の生育にも期待できます。

 

 

このぐらいの浅さで植え付けます

 

 

・丈夫で貪欲な根
浅植えにして地上の暑さや寒さ、乾燥に当たると、
同じ根鉢の中でも伸びる根の位置が変わります。

 

根鉢の根の中で、もっとも生育中に活躍するのは、下層から伸びる根です。
ところが、根鉢を覆うようにしっかりと土を寄せると、上層の根から伸び始めます。

 

浅植えにすると、上層の根は外気に触れることとなり、すぐには伸びません。
その代わり、下層の根が先に伸び始め、ぐんぐんと育ちます。

 

キュウリの根が浅いのは、浅植えでも深植えでも変わりませんが、
根の質が変わるため、その後の生育が大きく違ってきます。
丈夫で貪欲に育った根は、養水分を多く吸収し、地上部を強く育てます。

 

・バテずにおいしい実がとれる
地下の根がしっかりと育てば、その分地上部の状態も良くなります。
キュウリは、夏野菜の中ではスタートダッシュで収穫できます。
ところが、スタートが早い分、終わるのも早いのも、キュウリの特徴でした。

 

浅植えをして根を丈夫に育てれば、キュウリが苦手な暑い夏でもバテにくく、
収量を増やすことができます。

 

 

確かに元気よく美味しい実をつけてくれます

 

 

■キュウリ 浅植えの管理

 

通常と違う栽培法を用いる時は、難しそうに感じることが多いですが、
浅植えはそれほど難しいことはありません。
基本の管理は、浅植えでない基本の育て方とほぼ同じです。

 

ただ、植え付ける時と水やりの方法が少し違うので、この2点に注意して育てます。

 

・植え付け
浅植えは、植え付け時には普通植えや深植えにならないようにします。

 

だいたい根鉢の上2cm~3cmが、地表から出てるくらいの浅植えにします。
あまりに根鉢を出しすぎると、今度は外の影響を受けすぎてしまい、
根傷みが激しくなって調子を崩します。

 

浅植えに慣れていないうちは、うっかり植え付け位置を間違えることもあります。
地表から根鉢をどれくらい出すかに注意して、植え付け作業を行ってください。

 

・水やり
キュウリは水をたくさん欲しがります。
けれど、根がまだ張っていないうちは、毎日大量の水を与えるのは逆効果です。

 

特に浅植えで育てる場合は、乾湿の差を根に感じさせることで、
根張りを良くするため、水の与えすぎは禁物です。

 

植え付け後、すぐに水やりをします。
その後、地表が乾いているなと感じたら水を与えますが、
1度に与える水の量は、1株あたり300cc~500ccほどです。

 

通常は1株あたり1リットルほど与えることが多いので、
約半分の量ということになります。

 

水の量が少なく感じるかもしれませんが、これが乾湿の差を生む秘訣です。
だいたい2日に1回くらいのペースで水を与えますが、
土が乾いていないうちは、水やりを見送っても構いません。

 

根が張ってくると、広い範囲から水分を吸収することができるので、
日中の萎れや暑さによるバテが少なくなります。

水やり以外の追肥や整枝などの作業は、通常と同じように必要になるので、
忘れずに行うようにしましょう。

 

この浅植え方法は、夏の果菜類の多くに活用できるそうです。

現在、トマト、ナス、スイカ、ピーマンなどで実験しています。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ苗 植え付け時期 連作 選び方 つる枯病 キュウリ 地植え 育て方 キュウリ 収穫 育て方 家庭菜園 花が咲かない 肥料 炭そ病 水やり うどんこ病 楽しみ おいしい 枯れる モザイク病 実がならない 発芽しない 受粉 用土 道具 キュウリ栽培 育てる つる割病
ランキング