キュウリ栽培 6月

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ栽培 12ヶ月 » キュウリ栽培 6月

キュウリ栽培 6月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

スポンサードリンク


梅雨時の晴れ間にも注意してください

 

 

キュウリは夏野菜の中でも、スタートダッシュができるタイプの野菜です。
そのため、早ければ6月に入る頃から収穫が始まる場合もあります。

 

収穫が始まると、いよいよキュウリ栽培の醍醐味もスタートしますが、
その分やっておくべきことも増えてきます。

 

6月は梅雨。季節や環境、天候の変化に合わせて、

キュウリが育ちやすい管理を行いましょう。

 

[キュウリ栽培 6月]

 

 

■6月のキュウリ

 

6月は梅雨の時期です。

 

植え付け時期がずれることで、キュウリ自体の状態も変わってくるので、
必要となる作業も必然と変わってきます。

 

4月下旬~5月上旬に植え付けた株であれば、すでに収穫が始まっているかもしれません。

 

そうなると、ある程度は株が育っている状態になっているはずなので、
それに合わせて支柱などを設置し、生育旺盛になってきた株のサポートを行います。

 

5月中旬以降に植え付けた苗であれば、まだ株作りの途中でしょう。
水やりや追肥などを中心に、脇芽かきなどの作業も必要になります。

 

6月中であれば、まだギリギリ苗の植え付けが可能です。

 

雨が多い時期なので、植え付け時の雨には注意が必要ですが、
気温も上がっている時期なので、寒さによる傷みの心配が減ります。

 

5月中に植え付けした株と比べると、収穫のタイミングも遅くはなりますが、
気温が上がっている分生育スピードがのりやすいのも特徴です。

 

ただ、一般的な植え付け時期よりも遅いので、育て方などに書かれている時期とは、
色々なことがタイミングがずれてきます。

 

 

■6月の作業

 

・植え付け
6月中も、まだ植え付けは間に合います。

 

4月下旬~5月上旬の早いタイミングで苗を定植して育てているけれど、
もう1株あっても良いなと感じる場合、栽培株数を増やす最後のタイミングともいえます。

 

あるいは、早めに植え付けた苗の調子が悪く、
予備としてもう少し育てておきたいという場合も、最後の植え付けチャンスとなります。

 

植え付け方や、植え付けに適した良い苗の条件などは、
どの時期であっても共通しています。

 

・水やり、追肥
水やりは、雨が多くなる時期なので、土が乾いてからたっぷりと与えるようにします。

 

晴れてはいないけれど雨が降っておらず、土はそれなりに乾いていそうだけれど、
いつ雨が降ってもおかしくない時、水を与えるか悩みます。

 

こういう場合は、その日のうちに雨が降らないことを想定しておくのがお勧めです。

 

雨が降るかもと思って、土が乾いているのに降雨を期待して水やりをしないまま、
水切れ状態となって根が傷む可能性が高くなります。

 

けれど、水やりをした場合は水切れが回避され、万が一雨が降ったとしても、
水切れをさせてから水が多量に流れ込むよりは、傷む可能性が下がります。

 

追肥は5月の追肥方法にならい、引き続き追肥を行います。
植え付けてすぐのものは、元肥がまだ効いているうちは追肥の必要はありません。

 

・支柱の設置
すでに収穫が始まりそうなものや始まっているものの場合、
支柱やネットの設置が必須となってきます。

 

育てているキュウリの性質によって、支柱やネットの必要な状態が変わります。

 

節成りタイプで、親ヅルがまっすぐ伸びていくものであれば、
長い支柱を1本設置するだけでも間に合います。

 

けれど、飛び節成りタイプの品種の場合、横にどんどんツルが広がっていくので、
支柱だけでなく、ネットなどを使って横にもツルを誘引できるようにしておきます。

 

最近では、支柱とネットがセットになっているものもあるので、
栽培スペースや栽培している株数に合わせて設置しましょう。

 

・脇芽かき、花かき
キュウリは、下から数えて5節~7節くらいまでの高さまでは、
着果させないようにするのが基本です。

 

というのも、あまり早い段階で着果させると、
株がまだ充実していないうちに体力を消耗するので、すぐに疲れてしまうのです。

 

疲れたキュウリは急激に元気がなくなって枯れたり、生育不良になっていきます。
また、雌花の数や着果数が極端に減るため、最終的な収量に大きく影響します。

 

育てているキュウリが、節成りか飛び節成りかによって、
脇芽かきや花の摘み取りを行う位置などが変わります。

 

キュウリの脇芽かきや仕立てについては、こちらに詳しく書いています。

>>キュウリ 節成り性と飛び節成り性

 

・防寒をはずす
6月にもなると、気温も上がってきます。

 

梅雨に入ると湿気も高くなってきますし、キュウリ自体も大きくなってきて、
大きな葉も増えてきます。

 

すると、防寒のためにしていたホットキャップやトンネル、
簡易ハウスなどの内部の風通しが悪くなります。

 

風通しの悪い環境に長くおくと、どうしても病害虫の発生が増えるので、
低温の心配がなくなったら、すぐに防寒用の資材をはずしましょう。

 

・病害虫対策
梅雨時期になって雨が増えてくると、キュウリがかかりやすい病気の発生も増えてきます。
キュウリがかかりやすい病気の多くが、雨粒の飛散によって感染が広がります。

 

害虫の被害の有無とともに、病気の兆候がないかもよく観察し、
何か異変があった場合はすぐに対処します。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
植え付け時期 実がならない 発芽しない 連作 収穫 受粉 花が咲かない つる割病 うどんこ病 キュウリ 地植え 育て方 水やり 育て方 つる枯病 肥料 キュウリ栽培 用土 炭そ病 選び方 楽しみ 家庭菜園 おいしい キュウリ モザイク病 キュウリ苗 枯れる 道具 育てる
ランキング