キュウリ 育て方

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » アーカイブ

おおとみHG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


おおとみHG

 

 

おおとみHGは、神田育種農場 神田交配のF1品種です。
品質の良いキュウリかつ多収性のある品種なので、

プロの方にも人気があります。

 

全日本蔬菜原種審査会(現:全日本野菜品種審査会)

において、銀賞を受賞しています。

特徴と栽培のコツをご紹介しましょう。

 

 

■おおとみHGの特徴

 

キュウリは若干果実にシワがありますが、

おおとみHGの果実の皮は、

シワが目立たない滑らかなキュウリです。

 

形や長さの揃いも良く、

収穫の終わりまで秀品率の高いキュウリが収穫できます。

 

果実の長さは約22センチで、

100グラムほどの大きさで収穫します。

 

ツヤのある濃い緑色が特徴で、

真夏でもブルームが出にくく、とても綺麗です。

 

とくに露地栽培とハウス抑制栽培に適しています。
初期収量はやや少ないですが、

安定した収穫が続くので、総収量は他品種よりも多くなります。

 

 

 

 

■おおとみHGの栽培のコツ

 

・着果性

主枝の着果性は、飛び成り性・飛び節成り性なので、

側枝を主体とした品種です。

主枝の雌花には1つ、果実には2つほどの果実が着生します。

 

・肥料

元肥は、完熟堆肥や有機質肥料を入れ良く耕します。
10aあたり窒素35~45キロ、

リン酸30~35キロ、カリ35~40キロが理想です。

 

追肥は生育を見つつ与えます。

だいたい7日から10日に1回、窒素分を与えてください。

 

・病害虫の防除

生育前半に気を付けたいのは、アブラムシとうどんこ病です。
また、収穫期がはじまった頃からは過湿になりやすいので、

べと病にも気を付けてください。

 

防除のため、薬剤散布は早めに行い、

マルチングや敷きワラなども使っていくと良いです。

 

・仕立て方

神田育種農場のおおとみHGのカタログでは、

主枝の1本仕立てが勧められています。

 

子の場合、5節までの側枝と7節までの雌花は早めに摘み取り、

初期の生育を促します。
6節目以降の側枝は2節で摘芯し、整枝を行っていきます。

 

生育中期以降は半放任で栽培できますが、

混み合った部分の摘芯や摘葉はこまめに行い、

草勢が最後まで落ちないよう管理してください。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
受粉 発芽しない つる割病 炭そ病 選び方 枯れる 収穫 キュウリ キュウリ 地植え 育て方 つる枯病 楽しみ 道具 キュウリ栽培 実がならない 肥料 育て方 植え付け時期 モザイク病 育てる うどんこ病 用土 連作 家庭菜園 水やり おいしい 花が咲かない キュウリ苗
ランキング