近成夏四葉

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 近成夏四葉

近成夏四葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


近成夏四葉

 

 

近成夏四葉(ちかなりなつすうよう)は、名前の通り、
イボのある四葉系のキュウリとして育成された品種で、
株式会社タカヤマシード 高農交配の品種として市販されています。

 

同じ、タカヤマシードより近成夏山東(ちかなりなつさんとう)
という品種も販売されていて、とても人気があります。

 

同じシリーズである、近成夏四葉の特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

■近成夏四葉の特徴

 

・イボの低い四葉キュウリ
果実の長さは、約27センチで、イボの低い四葉キュウリです。
果形の揃いが良く、収量性の高いキュウリです。

 

・草姿
節間は短く、側枝もそれほど旺盛ではないものの、
雌花の数は多く、葉も健康的で、丈夫な株に育ちます。

 

・食味
四葉系のキュウリのシャキシャキとした食感が感じられ、
とても食べ応えのあるキュウリです。

 

苦味も少なく、マイルドな味なので、お子さまでも食べやすく、
食卓に並べやすい味です。

 

四葉系のキュウリは、中国生まれのキュウリで、
炒め物などにも使われています。
生食以外の食べ方も、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

まずはサラダで味を堪能してみましょう

 

 

■近成夏四葉の栽培のコツ

 

・種まきの適期
種まきの最適期は、4月中旬~5月中旬頃です。
一般的な四葉キュウリと比べて、やや早まきもできる品種です。

 

中間地の場合、最適期である、4月中旬頃に種をまくと、
5月のゴールデンウィーク明け、2週目あたりに植えつけができ、
6月中旬頃~8月中旬頃まで収穫が楽しめます。

 

・適作型
普通露地栽培~夏秋栽培にも適しています。

立体栽培もできますが、地這い栽培もできる品種です。

 

地這い栽培は、整枝などの管理作業を容易にすることができるので、
省力栽培として、今注目を集めています。

 

立体栽培よりもスペースを要してしまうのはデメリットですが、
整枝などの難しい管理をしなくていいのは、大きいメリットです。

 

・栽培のポイント
有機質に富んでいて、保水力のある畑づくりを心がけましょう。
また、高温期には敷き藁を用いて、乾燥防止と、
地温を低下させ、病気の防除に努めましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
炭そ病 肥料 選び方 家庭菜園 キュウリ苗 キュウリ栽培 うどんこ病 育て方 モザイク病 収穫 キュウリ 地植え 育て方 受粉 おいしい 発芽しない 育てる つる枯病 用土 枯れる つる割病 花が咲かない 連作 水やり 植え付け時期 楽しみ 実がならない 道具 キュウリ
ランキング