耐病光華(こうか)

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 耐病光華

耐病光華

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


耐病光華

 

 

耐病光華(たいびょうこうか)は耐病性の高い節成りキュウリの品種で、
株式会社ときわ研究場から出ている、比較的新しい品種です。

 

ハウス無加温栽培専用の品種のため、夏の暑い時期が栽培期間ですが、
病気になりにくいため、高温期の栽培や収穫も非常に安定しています。

 

耐病光華の特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

[耐病光華]

 

 

■耐病光華の特徴

 

・果実
果実の長さは、約22~24センチです。

 

果実の色はとても色濃く、肩こけも少ないので、程よいツヤがあり、
形の良いキュウリがたくさん収穫できます。

 

・草姿
草勢は中くらいで、初期から果実が肥大します。
子枝や孫枝の発生はその分ゆっくりですが、肥料切れに注意しましょう。

 

葉の大きさは中くらいで濃い緑色です。

 

全体的に日光の光を浴びやすい草姿となりますので、混み合いはじめたら、
摘葉をするくらいで管理は容易です。

 

・収量性
果実の肥大が早い分、初期から多収が見込めます。
樹ボケの心配は少ないです。

 

暑さに強い性質、病気に強い性質なので、高温期も順調に生育し、
多くの果実がなります。

 

出来た果実も肩からお尻まであまり太さが変わらなく、
秀品率も申し分ありません。

 

・耐病性
うどんこ病と褐斑病に耐病性をもっています。
また、べと病にも比較的強いので、キュウリがかかりやすい病気は網羅できます。

 

確実に病気にならないわけではありませんが、
薬剤の散布が抑えられるのは魅力的です。

 

 

■耐病光華の栽培のコツ

 

・適作型
ハウス無加温栽培専用の品種です。

 

・種まきの適期
種まきの適期は6月~8月頃です。
ハウス内での栽培になるので、梅雨の時期でも種まきが容易です。

 

・台木
台木には、「ぞっこん」または「ときわGT-Ⅱ」がおすすめです。

 

・栽培の注意点
果実が早く太るので、丈夫な株に育てることが大切です。

 

また、開花タイミングに合わせてこまめに水やりを行うことと、
追肥を積極的に行い、肥料切れを防ぎましょう。

 

7月~8月上旬に定植させる場合は子枝を1節目で止めて、
孫枝より半放任で枝を伸ばしていくと良いです。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ栽培 つる枯病 育てる 楽しみ 育て方 家庭菜園 モザイク病 道具 収穫 連作 選び方 実がならない キュウリ キュウリ苗 炭そ病 花が咲かない 発芽しない キュウリ 地植え 育て方 おいしい 枯れる 植え付け時期 うどんこ病 肥料 用土 受粉 つる割病 水やり
ランキング