夏王みどり二号胡瓜

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 夏王みどり二号胡瓜

夏王みどり二号胡瓜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


夏王みどり二号胡瓜

 

 

夏王みどり二号胡瓜は、山陽種苗株式会社の品種です。

 

このキュウリは、”夏王”という名前の通り、
高温期、7月~8月の夏の栽培に適しているキュウリです。

 

しかし、いくら夏野菜とは言え、日本の異常な暑さは、
キュウリにも、辛い時期となります。
どのように育てたら、夏王みどり二号が上手に育てられるでしょうか?

 

■夏王みどり二号胡瓜の特徴

 

・耐病性と耐暑性を兼ね揃えた品種
夏王みどり二号胡瓜は、暑さに強く、病気に強い品種です。

家庭菜園で上手にキュウリを栽培するにあたって、
この2つのポイントは、かなり大きいです。

 

夏王みどり二号胡瓜が耐病性をもっている、
べと病やウィルス病は、暑さによる乾燥なども要因になるので、
暑さに強いことは、病気に強いことにもつながります。

 

・果実
果実の長さは、約22~23センチで平均的です。
重さも、平均くらいで、約100グラムです。

白イボ系のキュウリなので、見た目も良く、色ツヤも綺麗です。

 

高温期に強い品種ということで、夏に収穫した果実も、
秀品率が高い特徴があります。

 

・美味しさ
皮はとてもやわらかく、食味の良い品種です。
クセの少ない味なので、サラダやお漬物、
なんにでも使えます。

 

 

冷やし中華もキュウリが美味しいとさらに美味しい♪

 

 

■夏王みどり二号胡瓜の栽培のコツ

 

・種まきの適期
露地栽培では、3月中旬頃から、7月半ば頃までまけます。

3月~4月の種まきでは、主枝、側枝、どちらも節成りになりやすく、
側枝はあまり伸びません。

 

5月以降の種まきでは、主枝の中位節から節成りになり、
側枝も節成りになりやすいです。

 

・おすすめの適期
3月~4月の種まきは、温床育苗やトンネル栽培が必要なので、
家庭菜園ではあまりおすすめ出来ません。

 

上手にキュウリを栽培するという点では、5月中頃がベストですが、
6月頭頃に種まきすれば、7月下旬~10月いっぱいまでと、
長い期間収穫することができます。

 

・栽培の注意点
長く栽培するということは、それだけ、栄養も必要になりますし、
栽培期間を通して、株の元気を保たねばなりません。

水切れ、肥料切れには充分注意して栽培しましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
枯れる 炭そ病 収穫 家庭菜園 育て方 選び方 つる割病 肥料 水やり キュウリ 地植え 育て方 受粉 用土 発芽しない 楽しみ うどんこ病 おいしい 花が咲かない 連作 キュウリ 植え付け時期 モザイク病 育てる 実がならない キュウリ栽培 キュウリ苗 つる枯病 道具
ランキング