四葉伸作

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » 四葉伸作

四葉伸作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


四葉伸作

 

 

四葉伸作(すうようしんさく)は、株式会社 久留米種苗園芸のキュウリです。
この品種は、品種名にもなっているように”四葉系”のちょっとゴツゴツしたキュウリです。

 

最近はあまりスーパーで見かけることのない四葉系のキュウリですが、
昔ながらの四葉系のキュウリは歯切れの良さや、食味の良さがあり、
とても人気があります。

 

昔のキュウリの方が、キュウリらしさを感じられたな~と思っている方に是非、
味わってほしいキュウリの1つです。

 

[四葉伸作]

 

 

■四葉伸作の特徴

 

・果実
果実の長さは、約25~27センチです。

 

普通のキュウリ品種は、長さ約21~23センチくらいまでのものが多いので、
四葉系である四葉伸作はそれよりも、約5センチほど大きく育ちます。

 

生育のスピードが良いので、まだまだと安心しているととり遅れることがあるため、
四葉系キュウリで大きくなるとは言え、こまめな巡回は必要です。

 

果実は四葉系キュウリなので、見た目からもゴツゴツとしています。

 

つるっとした表面にはなりませんが、光沢がないわけではなく、
濃い緑色と程よいツヤ感があり、秀品率の高い円筒形のキュウリに育ちます。

 

・草姿
割と生育の良い品種です。
茎の太さは中くらい、側枝は確実に発生して孫枝も良く伸びます。

 

葉はやや角型で元気の良い立ち性です。
スッキリとした受光態勢の良い草姿に育つので、栽培管理も容易です。

 

この品種自体非常に育てやすく、最後まで草勢のあるスタミナをもった品種なので、
期間を通して多収性が強いと言えます。

 

・食味
四葉系のキュウリは、香りと歯切れの良さが違います。
青々とした香りが感じられ、食感はシャキシャキとした歯切れの良さがあります。

 

お漬物の老舗でも四葉系キュウリが採用されているなど、
その美味しさは、格別です。

 

なかなか市場に出回っていないということもあり、今このご時世だからこそ、
四葉系キュウリの栽培をしたいというファンの方も多いです。

 

 

 

 

■四葉伸作の栽培のコツ

 

・主枝の雌花率
ほぼ100%の雌花率で、1つずつ果実がなる1果成り主体です。

 

・適作型
ハウス栽培の専用品種となります。
ハウスでの抑制栽培、半促成栽培に適しています。

 

・種まき
種まきの適期は、8月~翌年3月頃です。

 

・植え付け
植え付けの10~14日前ほどから、畑の準備を開始します。
しっかりと有機質肥料を入れて、土づくりを行います。

 

植え付けの際はしっかりと水やりを行い、保水性を保ちながら定植させます。

 

・植え付け後の管理
本葉が7~8枚頃になったら水やりをやや控えめにして、
徒長しないように、ゆるやかに生長を促します。

 

・摘芯
下位5節目くらいまでの雌花と枝は早めに除去するようにします。
こうすることで、以降の側枝の発生が良くなります。

 

・追肥
追肥は一番花の開花後を目安に行い、
収穫が開始したら、適度な頻度でこまめに少量ずつの液体肥料を使った、
水やりを行っていきます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
植え付け時期 おいしい キュウリ栽培 家庭菜園 キュウリ 連作 枯れる 育て方 つる割病 受粉 モザイク病 うどんこ病 実がならない 道具 キュウリ 地植え 育て方 選び方 肥料 水やり 育てる 用土 収穫 炭そ病 発芽しない 花が咲かない つる枯病 楽しみ キュウリ苗
ランキング