ワントップ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ワントップ

ワントップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


ワントップ

 

 

ワントップは、株式会社ときわ研究場から出ているハウス栽培用のキュウリです。

 

この品種は、耐暑性に強くて、形が良いキュウリがつくりやすいので、
プロの農家の方にもおすすめしたい品種のうちの1つです。

 

また、ときわ研究場はコンスタントに新しいキュウリの品種を育成しています。

 

ワントップはその中でも、新しい品種として発表して間もない品種なので、
とても注目されています。

 

 

[ワントップ]

 

 

■ワントップの特徴

 

・果実
果実の長さは、約21~23センチで平均よりも気持ち大きめです。

 

果実の色は一般的なキュウリよりも青々としていて、緑が強いです。

肩こけは少なく、秀品率が高いので販売に適しています。

 

・草姿
草勢は中くらいで、側枝と孫枝の発生スピードもそれほど速くありませんが、
確実に安定して発生します。

 

葉の色も果実同様色濃く、受光しやすい草姿になるので、
管理の点からみて、とても作業しやすい品種です。

 

・収量性
果実の肥大は早めなので、初期の収穫から多くのキュウリがとれます。
樹ボケの心配は少ないです。

 

また、暑さに強い性質なので、多少の高温には耐えられ、
果実に影響することもなく、形の良いキュウリが収穫できます。

 

・耐病性
ワントップは、うどんこ病と褐斑病に強い性質があります。
また、比較的べと病にも強いので、薬剤散布を減らすことができます。

 

株自体も丈夫なので、健康な株が育ち、栽培後期になっても、
安定して栽培しやすい品種です。

 

 

 

 

■ワントップの栽培のコツ

 

・適作型
ハウス無加温栽培に適しています。

 

・種まき
種まきの適期は、6月~8月まきと、2月~5月まきがあります。
無加温栽培に適しているということで、暖かくなる時期に栽培する品種です。

 

・台木選び
ぞっこんと、ときわGT-Ⅱに適しています。
※それぞれの台木の特徴については、こちらを参照ください。

 

・栽培のポイント
ワントップは果実の肥大が早い品種なので、水やりは多めに行います。

 

また追肥は、雌花の開花開始頃からはじめて、
その後、2週間に1度くらいのペースで与えていきます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
選び方 つる割病 つる枯病 家庭菜園 枯れる 花が咲かない モザイク病 育てる うどんこ病 楽しみ 水やり 用土 炭そ病 キュウリ 受粉 キュウリ栽培 キュウリ苗 道具 植え付け時期 発芽しない 連作 おいしい 肥料 収穫 キュウリ 地植え 育て方 育て方 実がならない
ランキング