ポリッキュー

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ポリッキュー

ポリッキュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

スポンサードリンク


ポリッキュー

 

 

ポリッキューは、タキイ種苗店から出ている節成り性のミニキュウリです。

2018年の春の新品種として販売された種子でまだ情報の少ない品種ですが、
老舗のタキイ種苗店の種子ということもあり、注目度の高いキュウリです。

 

 

■ポリッキューの特徴

 

・節成り性のミニキュウリ
1節に複数着果する節成り性です。
側枝の発生も良く、生育後期まで収量が安定します。

 

ミニ野菜の流行の中でもとくにキュウリは人気があり、たくさんの品種があります。
タキイ種苗店からも、ポリッキューの他、もう少し小さいスナッキュー、
というミニキュウリも新商品として販売され、その人気具合が伺えます。

 

ポリッキューという名前の通り、果実をかじった時の「ポリッ」、
という歯ごたえのあるキュウリで、苦味も少なく、お子様にもおすすめです。

 

・果実
果実の大きさは、約12~13センチです。
一般的なミニキュウリの大きさはだいたいこのくらいですが、
さらに小さい10センチ弱のものもあります。

 

スナッキューは、ポリッキューより少し小さい9~10センチです。
ミニキュウリ自体が普通のキュウリよりも栽培しやすいものとなっているので、
ポリッキューでもスナッキューでもお好みで選んで問題ありません。

 

 

 

 

■ポリッキューの栽培のコツ

 

ミニキュウリ栽培は、過繁茂になりにくいので、
普通のキュウリ栽培よりも管理の手間が省けます。

 

コンパクトに栽培できるため、プランターやコンテナでの栽培にも適しますが、
つるは伸びるのでポリッキューなどのミニキュウリであっても支柱は必要です。
1.8~2.0メートルくらいの支柱を準備しておきましょう。

 

・栽培スケジュール
中間地、暖地の場合、3月下旬~6月上旬頃まで栽培を開始することができます。
ポリッキューは、新商品なので12月下旬頃からのお届けです。

3月に栽培を開始すれば、6月頭頃から収穫できるので、
真夏に収穫できるキュウリと組み合わせて栽培すると良いでしょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
収穫 楽しみ つる割病 発芽しない 植え付け時期 肥料 キュウリ 地植え 育て方 連作 キュウリ おいしい 育てる 水やり 育て方 実がならない つる枯病 用土 道具 モザイク病 家庭菜園 炭そ病 花が咲かない キュウリ栽培 選び方 受粉 うどんこ病 キュウリ苗 枯れる
ランキング