フェルナンデス

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » フェルナンデス

フェルナンデス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


フェルナンデス

 

 

フェルナンデスは、キュウリの品種名です。

フェルナンデスというと、安藤美姫さんの元カレのハビエル・フェルナンデスや、
サッカー選手、楽器メーカーなどが思い浮かびますが、今回紹介するのは、
家庭でも育てやすい病気に強い露地栽培用のキュウリです。

 

フェルナンデスの特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

 

■フェルナンデスの特徴

 

・フェルナンデスの由来
フェルナンデスは、スペイン語やポルトガル語の姓であるため、
主に人名で使われています。

 

しかし、今回はキュウリの品種名として使われています。
いったい、何故なのでしょうか?

 

ここから先は、私の予測ですが、「フェルナンデス」という品種名は、
「増える なんです」というダジャレのようなものから生まれたのではないでしょうか。

 

たしかに、病気に強いだけあってフェルナンデスは収量も高いです。

 

・耐病性が極めて高い
いろいろな病気に耐病性をもつ品種が増えてきています。
家庭菜園で育てる上で、病気のかかりにくさは、とても重要です。

 

フェルナンデスは、うどんこ病、べと病、褐斑病に耐病性をもち、
これらの発生が極めて少ない品種です。

 

また、ズッキーニ黄斑モザイクウイルス、通称「ZYMV」に対しても、
抵抗性品種となっているので、安心して育てることができます。

 

・果実
果実の色合いは濃く、表面はツヤが感じられます。
収穫したキュウリの果実の形も揃いが良く、秀品率が高いです。

 

サイズは、一般的なキュウリと同等のサイズで、約21~22センチです。
シャキッとした食感で、美味しく食べられます。

 

 

■フェルナンデスの栽培のコツ

 

・栽培スケジュール
一般的な露地栽培に適しているので、家庭菜園においても、
特別な資材などは必要なく、支柱を立てての立体栽培に適しています。

 

普通の露地栽培では、4月下旬頃~6月中旬頃までに種まきします。
その後、5月下旬~7月中旬頃までに定植させて、
6月下旬頃から9月上旬頃まで収穫できます。

 

抑制栽培にすれば、8月中旬~11月頭まで時期をずらして収穫できます。
詳しいスケジュールは、フェルナンデスのパッケージを見てみてください。

 

・栽培方法
一般的なキュウリ栽培に準じます。

 

・栽培の注意点
下位5節目までは、雄花、雌花、側枝を早めに除去するようにします。
それでも、草勢が極端に弱かったり、活着不良を起こしているときには、
10節目くらいまでの雌花を除去して様子を見ます。

 

・追肥
追肥は、主枝の雌花が開花したタイミングまたは、
キュウリの果実が肥大しはじめた頃を目安にはじめます。

 

その後は、10~14日に1度、遅れないよう、早め早めに与えます。
液体肥料を使って、水やりの代わりに与えるのも良いでしょう。

 

・水やり
フェルナンデスに限らず、キュウリという野菜は水分を好みます。
多くの水分でできているキュウリ栽培に水切れは厳禁です。

 

とくに最近の日本の夏は、異常気象で極端に暑い日が続きます。
水切れには充分に注意して、しっかりと根に水分がいきわたるようにしましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ栽培 楽しみ 収穫 受粉 発芽しない 育てる 道具 実がならない モザイク病 つる割病 家庭菜園 花が咲かない 肥料 うどんこ病 連作 キュウリ 地植え 育て方 選び方 育て方 水やり 植え付け時期 つる枯病 用土 炭そ病 キュウリ苗 枯れる おいしい キュウリ
ランキング