グラッチェ1号

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » グラッチェ1号

グラッチェ1号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

スポンサードリンク


グラッチェ1号

 

 

グラッチェ1号は、朝日工業株式会社のキュウリの品種です。

朝日工業株式会社は、野菜の種苗を専門とした会社ではありませんが、
牧草製品や、ガーデニング用品にも力を入れている会社です。

 

野菜の種苗としても、キュウリの他、トマト、カボチャ、ブロッコリー、
ホウレンソウ、コマツナ、ニンジン、レタスなどなど、
多くの野菜の種苗を取り扱っているので、種苗メーカーとしても、
名が知られている会社です。

 

今日は、朝日工業株式会社のキュウリの品種の中から、
グラッチェ1号という品種の紹介をさせていただきます。

 

 

■グラッチェ1号の特徴

 

・褐斑病に強い
グラッチェ1号は、褐斑病にとても強く、収量性の高い品種です。
促成栽培、半促成栽培に適した品種で、プロの農家の方にもおすすめです。

 

・果実
キュウリらしいキュウリと言えるほど、その果実の姿はとてもきれいで、
色が濃く、イボが高いので、市場性に優れています。

 

プロの方はもちろんのこと、自分の家の家庭菜園でとれた野菜を、
売りたいな~と考えている方にも向いています。

 

・味
果実はしっかりとした硬さがあり、シャリ感があるので、
とても美味しく、おやつや、水分補給、夏バテ対策にも適しています。

 

・草姿
草勢は旺盛で、伸びる子枝、孫枝もしっかりとした強い枝になります。

 

・グラッチェ1号と2号の違い
グラッチェ1号は、果実の長さが、約21~22センチで、春先も長くなりすぎません。

 

対するグラッチェ2号は、1号の特徴をそのまま受け継ぎつつ、
果実の長さのみ、やや長めの、約22~23センチとなります。

 

 

■グラッチェ1号の栽培のコツ

 

・水やり
多収品種なので、しっかりと水やりを行い、果実の肥大を促します。

 

・適作型
ハウス促成栽培の場合、種まきの適期は、10月上旬頃です。
定植は、11月下旬頃となります。

 

12月中旬頃より随時収穫が可能となり、6月の中頃までとれます。
収穫期が長いので、株を疲れさせないように、大切に育てましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
連作 育てる 選び方 楽しみ 水やり 収穫 育て方 キュウリ苗 植え付け時期 花が咲かない つる割病 実がならない キュウリ 地植え 育て方 道具 モザイク病 炭そ病 用土 家庭菜園 うどんこ病 肥料 つる枯病 おいしい キュウリ キュウリ栽培 受粉 発芽しない 枯れる
ランキング