はるさき

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » はるさき

はるさき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


はるさき

 

 

はるさきは、神田育種農場のF1品種です。

夏に強い耐暑性をもった品種で、

夏~秋の栽培に強く、とても美味しいキュウリです。

 

はるさきの特徴と栽培のコツをご紹介します。

 

■はるさきの特徴

 

・ブルームの少ないキュウリ
キュウリ栽培の方法や品種を検索していると、

良く「ブルーム」という言葉が出てきます。

 

このブルームとは、果物や野菜の表面に出る白い粉上のもので、

熟した新鮮な果実に多く出ます。

 

とくに分かりやすいのはブドウです。

 

ブドウの果実の色は紫色ですが、

表面が白く粉っぽくなっているのを見かけたことはありませんか?
あれが、ブルームです。

 

新鮮な果実である証拠なのですが、

消費者から見ると「農薬のように見える」と、

見た目の悪さを指摘されることが多い特徴です。

 

キュウリはブルームレスキュウリと呼ばれるツヤのある、

イボなしキュウリも増えてきています。

 

はるさきは、ブルームレスキュウリではありませんが、

ブルームが少ないツヤのある果実をしていて、見た目も良く、

とても美味しいキュウリです。

収穫適期サイズは約22センチで、果実の揃いが良いのも特徴です。

 

 

 

 

■はるさきの栽培のコツ

 

・株姿

葉は濃い緑色で中くらいのサイズの葉です。

 

生育が良く、初期から枝の伸びが良いですが、

混みすぎずスッキリした草姿になります。

 

スタミナのある品種なので、

収穫後期までしっかり収穫できます。

 

また、節成り性の強い品種なので、

なり戻りも多く安定して収穫ができます。

 

・仕立て方

主枝と側枝2本の3本仕立てがおすすめです。

 

3~6節目までの側枝はとり、

主枝と4~7節の側枝を2本残して伸ばし、支柱に絡ませていきます。

主枝はだいたい180センチほどの高さで摘芯します。

 

・生育後期の管理のコツ

生育後期の管理のコツは、半放任で育てることです。

こうすることによって草勢を弱めず、

生育の良いままをキープして栽培することができます。

 

しかし、混み合いすぎると病気になってしまったりなど、

生育に悪影響を及ぼしますので、混み合っている場合のみ、

適度に摘芯・摘葉を行ってください。

 

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
水やり 受粉 実がならない キュウリ栽培 枯れる つる割病 花が咲かない 育てる おいしい 炭そ病 育て方 キュウリ 地植え 育て方 楽しみ キュウリ苗 モザイク病 家庭菜園 道具 用土 収穫 キュウリ うどんこ病 つる枯病 発芽しない 選び方 肥料 植え付け時期 連作
ランキング