ときわ光明

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » ときわ光明

ときわ光明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

スポンサードリンク


ときわ光明

 

 

ときわ光明は、株式会社ときわ研究所の家庭菜園向け品種です。

 

株式会社ときわ研究所は、キュウリを専門に育種している会社なので、
販売する品種も、非常にクオリティーが高いです。

 

その中でも、ときわ光明は、誰でも栽培しやすい家庭菜園用キュウリとして、
非常に人気があります。
病気に強く、良くなるおいしいキュウリ、いったいどのような品種なのでしょうか?

 

 

■ときわ光明の特徴

 

・果実
ときわ光明の平均サイズは、20センチほどで、青々とした色合いと、
ツヤが感じられ、見た目も非常に良いです。

 

真っすぐに伸びるキュウリは、スーパーで販売されているものと比較しても、
分からないくらい、果実の揃いも良く、秀品率が高い果実です。

 

・草姿
近年は、猛暑の影響により、キュウリ栽培にトラブルがふえていますが、
ときわ光明は、夏の暑い日差しにも強く、草勢が衰えにくいです。

 

日本の暑い夏でも、枝の発生が良く、生育初期~後期まで、
草勢が安定していて、育てやすいです。

 

・収量性
特別収量性の高い品種ではありませんが、秀品率が高いので、
生育の後半まで、しっかりと果形の良いキュウリを収穫することができます。

 

・耐病性
ときわ光明は、病気に強い健康で丈夫な品種というのがウリです。
家庭菜園でのキュウリ栽培において、非常にありがたいポイントです。

 

うどんこ病、べと病など、キュウリがかかりやすいといわれる病気に強く、
また、恐れられているウィルス病(ZYMV)にも耐病性をもっているので、
病気にかかるリスクを軽減できます。

 

もちろん、耐病性があるというのは、病気にかからないということではありません。
インフルエンザの予防接種をしているのに、インフルエンザにかかってしまった、
なんて良く耳にしますが、それと同じことです。

 

耐病性があっても、通気性を良くする、株を弱らせないといった、
基本的な防除は必要になります。

 

 

 

 

■ときわ光明の栽培のコツ

 

・適作型
普通~抑制露地栽培に適しています。
種まきの適期は、4月~8月頃までです。

 

・雌花着生
主枝の雌花率は、3月~4月の種まきで、40~50パーセント、
5月~6月の種まきで、30~40パーセントです。

 

7月~8月の種まきになると、20~30パーセントになるので、
やはり、遅霜の心配もなく、充分な気温を確保できる、
4月頃の種まきがおすすめです。

 

・元肥
元肥は、完熟堆肥の他、窒素・リン・カリをバランス良く入れます。
1平方メートルあたり、完熟堆肥が1.5~2キロほど、窒素は20~25グラム、
リン酸は20~30グラム、カリ成分も20~30グラム施します。

 

・栽培の注意点
1~6節目までの子枝は適宜、除去して、7節目以降の枝は、
1~2節止めとし、孫枝以降は3本程度で生長点を残します。

 

・潅水と追肥
水と肥料は草勢を低下させないためにも、切らせないようにしましょう。

充分な潅水を行い、追肥は収穫開始頃より15日に1度行います。
水やりの代わりに、薄めた液体肥料を与えるのでも良いです。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ つる割病 実がならない 花が咲かない 肥料 収穫 道具 用土 育て方 キュウリ 地植え 育て方 選び方 水やり 発芽しない 家庭菜園 炭そ病 枯れる モザイク病 キュウリ苗 育てる つる枯病 おいしい 植え付け時期 楽しみ 連作 うどんこ病 受粉 キュウリ栽培
ランキング