つやみどりパワー

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » つやみどりパワー

つやみどりパワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


つやみどりパワー

 

 

つやみどりパワーは、トキタ種苗店のキュウリの新品種です。

 

トキタ種苗店には、根強い人気を誇る「つやみどり」という品種があり、
今回紹介するつやみどりパワーは、つやみどりの後継品種です。

 

”パワー”と名付けられたつやみどりの後継品種は、
どのような点に優れたキュウリなのでしょうか?

 

■つやみどりパワーの特徴

 

・つやみどりとの比較
つやみどりと大きく異なる点は、耐病性の高さです。

 

つやみどりも、べと病やうどんこ病に強く、生育がとても良いので、
育てやすいキュウリとして人気でしたが、つやみどりパワーは、
それを上回る耐病性があります。

 

つやみどりパワーは、つやみどりのうどんこ病、べと病への高い耐病性に加えて、
ウィルス病のZYMVと、ウィルス感染による急性萎凋病に強くなりました。

 

近年、キュウリ栽培におけるウィルス病の被害がふえてきています。
ZYMVに強い品種がふえてきていることからも分かるように、
その被害は大きく、深刻化してきてもいます。

 

病気が重症化しやすいのがウィルス病の感染ですので、
これからキュウリ栽培をはじめるのであれば、
必ず、対策しておきたい部分です。

 

 

つやみどりパワーは、パリッとして旨いです

 

 

・果実
果実の色も鮮やかな緑色で、歯切れがよく、
食味も良いキュウリです。

 

・安定した栽培が可能
生育中盤になっても、子づるや孫づるの発生が良く、
安定した収量を得れます。

 

梅雨明け後、日本の夏は暑いため、収量が下がったり、
秀品率がおちることがありますが、つやみどりパワーは、
梅雨明け後も、良果を安定して収穫できるのが魅力です。

 

 

■つやみどりパワーの栽培のコツ

 

・種まきの適期
種まきの適期は、4月上旬~8月中旬頃です。

 

・栽培のポイント
1節~6節目までの子づるは摘除します。

7節目以降は1~2節止めとし、孫づる以降に関しては、
生長点を3本ほど残すようにします。

 

・基本的な栽培方法
基本的な栽培方法は、つやみどりと同じです。
水切れと肥料切れに気を付けて栽培しましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ栽培 花が咲かない 楽しみ 実がならない 用土 水やり 発芽しない 連作 収穫 キュウリ 地植え 育て方 育てる おいしい 受粉 キュウリ苗 家庭菜園 育て方 選び方 うどんこ病 道具 キュウリ 植え付け時期 モザイク病 つる枯病 炭そ病 肥料 枯れる つる割病
ランキング