おいしんぼ

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ 品種 » おいしんぼ

おいしんぼ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

スポンサードリンク


おいしんぼ

 

 

おいしんぼは、株式会社久留米原種育成会のキュウリです。

 

同じ、久留米原種育成会の家庭菜園向けの品種には、
イボのないピカきゅうという品種がありますが、おいしんぼは、
真逆でイボの多い、四葉系(すうようけい)のキュウリです。

 

見た目はゴツゴツとしていて、インパクトがありますが、
とても、食味に優れています。
詳しい特徴や、栽培のコツについて、まとめました。

 

 

もろきゅうやサラダで、まず味わってみてください

 

 

■おいしんぼの特徴

 

・ブルームキュウリ
ブルームキュウリとは、昔ながらのイボイボのキュウリのことです。
見た目はゴツゴツとしていて、市販されているイボのあるキュウリより、
硬く、正直美味しそうには見えないイメージがあります。

 

しかし実際は、パリッとした歯切れの良い食感が味わえる、
とても食味に優れたキュウリです。

 

・家庭菜園でも栽培しやすい
おいしんぼは、さまざまな病気にも強く、
家庭菜園向けにつくられたキュウリの品種なので、
栽培難易度が低く、家庭でも、簡単に栽培できるキュウリです。

 

 

糠漬けなど漬け物にすると滋味が感じられます

 

 

■おいしんぼの栽培のコツ

 

・春まき
春まきの場合、種まきの適期は、4月中旬~6月上旬です。
4月中旬頃はまだ、気温が安定しない地域も多いので、
寒の戻りや、花冷えが完全になくなった頃の種まきがおすすめです。

 

定植は、5月上旬~6月下旬頃となり、
6月中旬~8月末くらいまで、収穫することができます。

 

・夏まき
夏まきの場合、種まきの適期は、6月上旬~7月中旬です。
この時期は、梅雨時期に差し掛かりますので、
種まきのタイミングを見計らうのが少し難しいかも知れません。

 

しかし、同時に収穫期もずらすことができるので、
秋口まで、おいしい家庭菜園でとれたおいしんぼを味わえます。

 

定植は6月下旬~7月下旬となり、
7月中旬~9月末くらいまで収穫することができます。

 

・収穫適期サイズ
おいしんぼの果実の長さは、約22~24センチとやや長めです。

しかし、前日に20センチくらいだったキュウリが、
一気に5センチほど伸びてしまうこともあるため、とり遅れに注意です。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
炭そ病 モザイク病 肥料 育て方 キュウリ 選び方 発芽しない 用土 うどんこ病 家庭菜園 実がならない 植え付け時期 育てる 水やり 収穫 道具 キュウリ苗 枯れる 連作 キュウリ 地植え 育て方 花が咲かない つる割病 受粉 楽しみ つる枯病 キュウリ栽培 おいしい
ランキング