キュウリ 植え替えても良い

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ栽培Q&A » キュウリ 植え替えても良い?

キュウリ 植え替えても良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

スポンサードリンク


かわいいキュウリ、地植えに植え替えたいのですが……

 

 

キュウリの苗を準備して植え付けたけれど、
なんらかの事情があって、
別の場所、鉢やプランターに植え替えたいことがあります。

 

こういった場合、キュウリは植え替えても良いのでしょうか。

 

 

[キュウリ 植え替えても良い?]

 

 

■キュウリ 植え替えても良い?

 

キュウリの苗を植え付けたものの、植え付けた場所が狭すぎたり、
あるいは1か所から複数の株がはえていたりと、
植え替えた方が良いかな? というシーンが出てきます。

 

キュウリはもともと根がとても弱く、
植え付ける時にも根を傷つけないようにするのが鉄則です。

 

そんなキュウリの植え替えは、どうすれば良いのでしょうか。

 

・広い場所への植え替え
最初に植え付けた鉢やプランターが狭く、
広く大きいところに植え替えたい、ということがあります。

 

あるいは、地植えで育てていたけれど、
別の場所に移動したい、ということもあるでしょう。

 

キュウリの植え替えは、できるだけ避けたいところですが、
どうしても同じ場所での栽培が難しいというのであれば、仕方ありません。

 

注意点に沿って植え替えれば、植え替え後も元気に育つ可能性が高くなります。
ただし、植え替えを行う限りは、リスクはつきものです。

 

もう花がついている生長した苗は、移植がかなり難しいです。

 

植え替えに失敗する可能性を考え、
予備の苗を準備しておいた方が良い場合もあります。

 

 

移植は、ていねいにやさしく行ってあげましょう

 

 

・複数株はえている時の植え替え
苗をよく見てみると、株元から2本や3本と、複数の株が伸びていることがあります。
本来、育苗中に間引きを行うのですが、間引きされずに育ったか、
あるいはかなり遅れて複数の芽が出た、という可能性もあります。

 

いずれにせよ、そのまま育てても良くないので、1本にしなければなりません。

 

ただし、複数の芽が出ているからといって、
根鉢を割ってバラバラに植え付けても、みな育ちきれないでしょう。

 

もし1株ずつに無理に割れば、根が傷つくこととなり、
どれも回復せずに枯れてしまう可能性が高いのです。

 

せっかく複数の芽が伸びているのに、とてももったいないような気持ちになりますが、
ここは心を鬼にして、間引きをして1株に減らしましょう。

 

通常の間引きと同じように不要な芽を引き抜くと、
残す株の根まで傷つけることになりかねません。

 

間引く株を、株元からハサミで切ることでも、間引きができます。
地際を切るので根を傷めることがありませんし、
土の際で切っているので、新たに芽が出てくるということもありません。
土に残った根も、自然となくなります。

 

残した株を健全に育てるためにも、早めに作業を行いましょう。

 

 

■キュウリ 植え替える時の注意点

 

キュウリを植え替える時の注意点は、たった2つです。
けれど、この2つがとても重要なのです。

むしろこの2つを守れなければ、
植え替えが失敗する可能性が非常に高くなります。

 

 

・根鉢は絶対に崩さない
キュウリは本当に根が弱いです。
傷ついた根を回復させるためには、かなりの時間が必要となります。

 

回復させるのに時間がかかりすぎてしまい、
地上部が満足に生長することなく、季節が変わることもあります。

 

小さい鉢やプランターから植え替える時は、根鉢を崩さないようにするのが一番です。
あらかじめ土に水を含ませておくと、根鉢が崩れにくくなります。

 

地植えにしているものを植え替える時は、さらに気遣いが必要です。
根が切れないように掘り上げ、植え替えます。

 

容器栽培よりも根が広く張っていることが多いので、
掘り上げる時は広めに根鉢を計算して掘り上げます。

 

また、植え替える時には、根が露出している時間を短くします。
そのために、植え替え先の準備をあらかじめしておくと、
効率的に作業を進めることができます。

 

 

・つると葉を傷つけない
地上部に伸びているつるや葉も、根と同じくらい大切な器官です。
特に、すでに長くのびているつるや、大きく展開した葉は、
移動時に傷がつきやすいので、ていねいに扱ってください。

 

植え替え作業をする時、誘引しているのであれば、
誘引しているつるを優しくほどいてから、
根鉢を掘り上げたり、古い鉢やプランターから抜きます。

つる同士が絡んだりしないよう、細心の注意をはらって移動させ、植え替えます。
植え替えが終わったら、またていねいにつるを誘引していきます。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
キュウリ 水やり キュウリ栽培 発芽しない 実がならない うどんこ病 植え付け時期 炭そ病 モザイク病 枯れる 楽しみ 花が咲かない 収穫 つる割病 受粉 選び方 キュウリ苗 連作 つる枯病 肥料 育てる 家庭菜園 育て方 キュウリ 地植え 育て方 用土 道具 おいしい
ランキング