キュウリ 植え付け方法

キュウリの育て方.com

キュウリの育て方。摘芯、ネット・支柱立て、収穫のコツ!

ホーム » キュウリ栽培Q&A » キュウリ 植え付け方法

キュウリ 植え付け方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

スポンサードリンク


ラリーノの接ぎ木苗

 

 

キュウリの苗を準備したら、植え付けです。
植え付ける時に何かトラブルがあると、
それが原因で生育不良になることもあります。

 

苗を傷つけず、上手に植え付けを行う方法をご紹介します。

 

 

[キュウリ 植え付け方法]

 

 

■植え付け適期を知ろう

 

キュウリは植え付け適期に植えることができるかどうかで、
その後の生育が決まると言って良いでしょう。

 

早すぎるのも良くありませんが、適期を過ぎたものは避けた方が良いでしょう。
目の前の苗が植え付け適期かどうかを見極めるポイントを、ご紹介します。

 

・播種からの日数=定植までの日数?
キュウリの定植適期をはかるには、播種からの日数が目安になることが多いです。
播種してから、一定の期間を経ることによって、
どれくらい根が広がっているかを、知ることができます。

 

もちろん、自根苗であれば、播種からの日数を目安にしても問題ありません。
けれど、キュウリ苗には接ぎ木苗もあります。

 

ただ単に台木に穂木を接ぐだけであれば、それほど日数に変動はありません。
けれど、断根や片葉切断の接ぎ木を行った苗であれば、
播種からの日数は、目安にはなりません。

 

一度、苗の根を切っている分、日数の変動が起こります。
また、ポット苗かセル苗かによっても、日数が変わります。

 

ポット苗の場合、断根・片葉切断接ぎをした苗なら、
接ぎ木後25日~30日が定植の目安になります。

 

セル苗の場合は、断根・片葉切断接ぎをした苗で、
接ぎ木後15日~16日が定植、あるいはポット上げのタイミングとなります。

 

 

このように根鉢が回っている苗は、根を3㎝ほどていねいにほぐして植えます

 

 

・根が回らないうちに定植
キュウリの根は、新鮮な空気と水を多く求めるため、表層近くに広がります。
これは育苗中も同じです。

 

そのため、セルやポットの中に根を伸ばしている時も、
通気性の良い場所に、多くの根が伸びていきます。

 

ポットから苗を取り出してみると、表面近くや土の周り、
ポットの底穴に近い部分に根が集中します。
これは、この部分の通気性が良いということを示しています。

 

根鉢が根でいっぱいになっているということは、
根詰まりを起こしているか起こしそうな状態なので、
健全な根を保てない可能性があります。

 

キュウリ苗を定植する時は、根が完全に回らないうちに定植します。
まだ少し根鉢に余裕があるうちに植え付けを行うことで、
根詰まりを起こすことがなく、健全な状態を保つことができます。

 

 

■キュウリ 植え付け方法

 

キュウリの植え付け方は、それほど難しくありません。
手順に沿って丁寧に作業すれば、初心者でも難なく植え付けることができます。

 

土作りや畝たてなどは、すでに終わった状態からご説明します。

 

1. 定植位置を確認する
1株だけ植える場合も、複数株植える場合も、
だいたいどのあたりに苗を植えるかを確認するために、仮置きします。
仮置きすることで、落ち着いて株間などのチェックができます。

 

2. 植え穴をあける
仮置きしたところに、移植ゴテなどを使って植え穴をあけます。
この時、根鉢が入るくらいのサイズの穴をあけます。

 

あまり大きすぎても無駄な作業が多くなりますし、
小さいと何度も掘りなおす手間がかかります。

 

3. ポット(セル)から苗を抜く
ポット苗、セル苗の、苗をやさしく抜きましょう。

 

ポット苗の場合は、キュウリのつるを人差し指と中指ではさみ、根鉢を手で
支えるようにして、ポットごとひっくり返します。
そうすると、ポットから根鉢がするっと抜けて出てきます。

 

セル苗の場合は、ひっくり返して抜くことができないので、底にあいている穴から
指や棒をゆっくりと挿して、根鉢の底を押し上げ、苗を取り出します。

 

苗を抜く時に、最も根を傷める可能性が高いので、慎重に作業を進めましょう。

 

4. 植え穴に根鉢を入れて土を寄せる
あらかじめあけておいた植え穴に、
根鉢が崩れないように注意しながら、苗を入れます。

 

植え穴と根鉢の間には、多少の隙間ができるはずなので、
植え穴を掘った時に出した土を隙間に入れ、表面をならします。

 

畝の表面がデコボコしていると、
水やりをした時に水たまりができる原因となるので、
できるだけ平らになるように、表面をならします。

 

5. 水を与える
植え付けの後は、たっぷりと水を与えておきましょう。

 

 

キュウリ接ぎ木苗の植え付け

 

 

■キュウリ 植え付け時期の注意点

 

キュウリの苗を植え付ける時、いくつかの注意点があります。
いつも何気なく植え付けているという方も、意識して植え付けることで、
生育の違いを感じることができるかもしれません。

 

・根鉢は崩さない
キュウリ苗の根鉢は、絶対に崩さないようにします。
植え付け適期の苗は、根が完全に回ってはいないため、
ポットから抜くと、ぼろぼろと崩れやすいことがあります。

 

根鉢が崩れないようにするため、
定植前に根鉢に水を吸わせて、崩れにくくするという方法もあります。

 

 

ポットの苗の場合は、根鉢が2cmほど出るくらい浅植えにするのが良いです

 

 

・根鉢の高さ

キュウリに限らず、植物の苗を植え付ける時、
苗の根鉢の表面と、畝の表面を合わせるのか、
それとも浅植えや深植えにするのか、悩むことがあります。

 

キュウリの場合は、根鉢の表面と畝の表面が平行になった状態か、
やや浅植えが適しています。

 

キュウリは根域が浅いため、深植えにすると根が広がりにくくなります。
また、接ぎ木苗の場合は、穂木のキュウリが土に触れることにより、
病害虫の被害にあいやすくなるため、やや浅植えにします。

 

セル苗の場合、根がそれほど多くないため、
浅植えにすると乾燥が進み、根傷みを起こします。
セル苗の場合は、根鉢と畝の表面が平行になるように植えます。

 

ポットの苗の場合は、セル苗よりも根量が多いので、
根鉢が2cmほど出るくらい浅植えにするのが良いです。
やや浅植えにすることで、根に新鮮な空気と水が供給されやすくなります。

 

・株元は強く押さえない
苗を植え穴に入れて土を寄せた後、株元をぎゅっと押さえることが多いです。
ところが、キュウリ栽培では、この行動によって根が傷むこともあるのです。

 

キュウリの根は表層に集まっているため、
ぎゅっと押し込むことで、表面の根が傷んだり、生育が悪くなることがあります。
また、押さえた部分の土が硬くなり、水分や空気を含みにくくなります。

株元に土を寄せた後は、ぎゅっと押さえないようにしましょう。

 

■参考
・キュウリ 種からの育て方
・キュウリ苗 枯れる
・キュウリ 地植えの育て方
・キュウリ プランターの育て方



スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事!

管理人=片岡静
お問い合わせはここからお願いします
カテゴリー
スポンサードリンク

最近の投稿

リンク集
人気の投稿とページ
発芽しない キュウリ 肥料 キュウリ苗 モザイク病 花が咲かない 育てる 道具 用土 植え付け時期 キュウリ栽培 つる割病 収穫 選び方 育て方 家庭菜園 おいしい つる枯病 連作 水やり キュウリ 地植え 育て方 楽しみ 受粉 炭そ病 実がならない 枯れる うどんこ病
ランキング